1. テニスの全米オープンで初優勝を果たした大坂なおみ選手が大ブレイクしていますね! まだ20歳の大坂なおみ選手!! 「グランドスラム」(4大大会)を日本人がシングルスを制覇したのは男女を通じて初めてということで、世界中が湧いていますが、飾ら…

  2. 大阪市立汎愛(はんあい)高校のドラフト候補・羽田野温生投手。 名前の「温生」は「はるき」と読みます。 最速147km/hをマークし、1年秋に大阪桐蔭相手に見せたピッチングで、一躍注目を集めるようになりました。 プロ志望届を提出し、…

  3. 2017年のドラフトでは、東大から日本ハムに指名された宮台康平投手と、北海道教育大岩見沢校から西武に育成指名された齊藤誠人選手の、2人の国立大学出身のプロ野球選手が誕生しました。 そして、今年のドラフトでも、また国立大卒のプロ野球選手…

  4. 京都学園大学のドラフト候補・川瀬航作投手。 独特のフォームから最速146km/hのストレートを投げる、サイドスローのピッチャーです。 4年春の全国大会で2安打完封するなど、大学球界トップレベルの実力を持っています! …

  5. 追記:プロ志望届を提出しました。 その他、提出選手はこちら →プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は? 2017年のドラフトでは、東大から日本ハムに指名された宮台康平投手と、北海道教育…

  6. 静岡県にある湖西高校のドラフト候補・水野喬日投手。 甲子園出場経験はありませんが、プロ12球団が注目する好投手です。 すでにプロ志望届は提出済で、高校卒業後のプロ入りを狙っています。 名前:水野 喬日(みず…

  7. 今年の千葉県の高校野球界には、中央学院の大谷拓海投手、八千代松蔭の清宮虎多朗投手、習志野の古谷拓郎投手と、3人の好投手がいました。 その中で「将来性ならナンバー1」と言われるのが、古谷拓郎投手です。 甲子園出場こそはありませんが、最…

  8. 2016年のドラフトで高田萌生投手(巨人) 、2017年で難波侑平選手(日本ハム)と、近年、プロ野球選手を輩出している岡山の創志学園。 その創志学園から、2018年のドラフトでプロ入りを狙っているのが、中山瞬選手です。 チームではクリー…

  9. 今年の岐阜県出身の高校球児には、大阪桐蔭の根尾昂選手、木更津総合の野尻幸輝選手、市岐阜商業の中神拓都選手と、3人の高校トップクラスの選手がいます。 そしてこの3人は、いずれも投手としても野手としても優れている、二刀流の選手です。 今…

  10. 今年の国士舘高校は、草薙柊太投手、石井崚太投手、井田尚吾投手という、3年生の強力サウスポートリオがいることで注目を集めていました。 今回はその中から、一番プロに近いと言われている草薙柊太投手についてまとめてみました。 草薙投手は、甲…

RETURN TOP

アーカイブ