野球

青山達史(智辯和歌山)はドラフト注目!出身中学や身長体重は?

智辯和歌山ドラフト候補青山達史選手

「青山達史」名前の読み方“あおやま たつふみ”

身体能力の高いアスリートタイプの外野手です。

身長184cm体重83kgの恵まれた体格を持ち、高校では1年春から4番打者を経験しています。

青山達史のプロフィール

名前:青山 達史(あおやま たつふみ)
出身:神奈川県川崎市
身長:184cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:川崎市立日吉中学校→智辯和歌山高校

青山達史の小中学時代

青山達史選手は小学生から北加瀬山崎町子ども会野球部軟式野球を始めました。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、横浜DeNAジュニア入りを果たしています。

横浜DeNAジュニアでは小川大地選手(現・大阪桐蔭)らとともにNPB12球団ジュニアトーナメントに出場。

5番・ファーストで出場したホークスジュニア戦でホームランを放つと、
続くオリックスジュニア戦ではピッチャーとして先発を任されていました。

小川大地選手についてはこちらを→小川大地(大阪桐蔭野球部)はドラフト注目!出身中学や小学校は?

中学時代は名門・世田谷西リトルシニアに所属。

中学2年時ジャイアンツカップでは日本一を経験しています。

さらに中学3年時には4番・センターとして2度全国大会に出場。

リトルシニア全国選抜野球大会・2回戦の大分シニア戦では推定125メートルの特大のスリーランホームランを放ち、観客を驚かせていました。

青山達史の高校時代

中学卒業後は
「甲子園に行くには智辯和歌山が一番近い。厳しい選択だと思うけど、腹を決めてきた」
智辯和歌山進学します。

高校では1年春招待試合4番打者に抜擢されます。


その後、1年夏和歌山県大会控えに回り、1打数0安打の成績で優勝を経験しますが、
21年ぶり3回目の優勝を決めた夏の甲子園ではメンバーから外れていました。

それでも1年秋の新チームからはセンターレギュラーを獲得します。

1年秋和歌山県大会では準決勝和歌山東4対5で敗戦。

2年春からは4番を任されるようになり、和歌山県大会では優勝に貢献しました。

智辯和歌山同期のチームメイトには青山達史選手とともに1年生からベンチ入りしている小畑虎之介選手らがいます。

青山達史のプレースタイル

青山達史選手はプロ注目の強打の大型外野手です。

ポジションはセンター兼ライト

肩も強く、中学3年生の時点で遠投95mを記録しています。

青山達史のまとめ

日本一を達成した1年夏甲子園ではメンバーから外れていた青山達史選手。

今年の夏は青山達史選手が攻守でチームを引っ張り、2連覇を達成してほしいですね!