野球

徳山壮磨(早稲田大)は大阪桐蔭出身のドラフト候補!韓国人なの?姉や球速球種は?

徳山壮磨 早大 大阪桐蔭

早稲田大学ドラフト候補徳山壮磨投手。

2021年の大学野球界を代表するプロ注目のピッチャーです。

大阪桐蔭時代にはエースとして、3年春にセンバツ優勝を達成!

当時から高校トップレベルの好投手でしたが、大学でさらに成長し、凄みを増してきています。

徳山壮磨のプロフィール

名前:徳山 壮磨(とくやま そうま)
生年月日:1999年6月6日
出身:兵庫県姫路市
身長:183cm
体重:73kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:姫路市立高岡小学校→姫路市立高丘中学校→大阪桐蔭高校→早稲田大学

徳山壮磨の小中学時代

徳山壮磨投手小学3年生から今宿ヴィクトリーズでソフトボールを始めました。

ソフトボール時代からピッチャー一筋。

中学からは兵庫夢前クラブでプレー。

卒業後は、強豪・大阪桐蔭に進学します。

実は、徳山壮磨投手は中学1年生の時に2012年に甲子園春夏連覇をしたのを見て以来、大阪桐蔭に憧れを持っていました。

中学1年生にはチームメイトや保護者たちの前で
「大阪桐蔭に行きます」
と宣言しています。

その時はまだ体も小さく、全然無名だったこともあり、周りからは笑われたそうです。

しかし、そこから厳しい練習を重ね、大阪桐蔭からスカウトされるほどのピッチャーへと成長していきました。

徳山壮磨の高校時代

高校では1年秋からベンチ入りし、大阪大会準優勝&近畿大会優勝を経験。

翌2年春センバツでは背番号10を付けて出場。

初戦土佐高校戦リリーフに上がると、1イニングを無失点に抑え甲子園デビューを果たしました。

2年夏の大阪大会ではベンチ入りしたものの登板機会はなく、チームは3回戦敗退。

2年秋の新チームからはエースの座を獲得します。

秋の公式戦では10試合中7試合に先発し、大阪大会3位&近畿大会ベスト4入りに貢献しました。


翌3年春センバツでは全5試合(先発4、リリーフ1)に登板。

39イ二ングを投げ、7失点の好投で、5年ぶりの優勝を達成しました。

甲子園には3年夏にも出場。

1回戦、2回戦先発し、勝ち投手になっています。

3回戦仙台育英戦では登板がないまま、チームは1対2サヨナラで敗れてしまいました。

甲子園終了後には日本代表の一員として、U-18ワールドカップに出場。

日本代表でもエース格として、3試合先発し、日本の銅メダル獲得に貢献しました。

高校の同期のチームメイトには早稲田大学でもバッテリーを組んでいる岩本久重選手、福井章吾選手(現・慶應大学)、山本ダンテ武蔵選手(現・國學院大學)らがいました。

岩本久重投手についてはこちらを→岩本久重(早稲田大)は大阪桐蔭出身のドラフト候補キャッチャー!中学時代や怪我は?

徳山壮磨の大学時代

高校卒業後は早稲田大学に進学。

大学では1年春からベンチ入り。

13試合中6試合(先発1、リリーフ5)に登板し、1勝0敗、防御率1.20の好成績を残しました。

しかし、春のリーグ戦終了後に右肩を負傷。

徳山壮磨投手は早稲田大学のトレーナーを務める土橋恵秀さんとともにリハビリに取り組みました。

土橋恵秀さんはソフトバンク・和田毅投手などのパーソナルトレーナーも務めている野球動作研究についてスペシャリストですね。

↓こちらは土橋恵秀さんの著書です。


リハビリ明けの2年春はリリーフ限定で9イニング登板。

そして、2年秋からは先発に回ると、3勝1敗、防御率1.50の活躍で、完全復活を果たしました。


さらにコロナ禍の影響により、1試合総当たり制で行われた3年春のリーグ戦では、2試合に先発。

16イニングを投げ、失点0、打たれたヒットもわずか6本だけ、というすばらしいピッチングを見せ、ベストナイン最優秀防御率賞を獲得しました。

徳山壮磨のプレースタイル

徳山壮磨投手身長183cm体重73kg本格派のピッチャーです。

ストレートの最速は151kmk/h。

変化球スライダー、フォーク、カーブなど。

高校時代にチーム1と評された球のノビが魅力。

遠投110メートル。

徳山壮磨は韓国人?

徳山壮磨投手については「徳山壮磨 韓国」、「徳山壮磨 韓国人」で検索されている人が多いみたいですね。

私も気になって調べてみましたが、徳山壮磨投手韓国人だという情報は見つけられませんでした。

まぁ、日本代表に選ばれている時点で、韓国国籍でないことは明らかですね。

徳山壮磨の姉

徳山壮磨投手家族については、バレーボールをされていたお姉さんが一人いることがわかっています。

子供の頃はお姉さんのバレーボールチームと一緒に練習したこともあり、
「マウンド上でも、腕をしならせて球を上からたたくバレーのイメージを大切にしている」
とのこと。

徳山壮磨のまとめ

徳山壮磨投手2021年のドラフトでは間違いなく1位で指名される選手です。

怖いのは怪我だけですね。

少し気が早いですが、プロでは1年目から新人王を狙えるくらいの活躍が期待されます。