陸上

金子伊吹(駒澤大)の出身中学高校やシューズは?自己ベストは?

駒澤大学陸上部金子伊吹選手

2年時箱根駅伝では5区区間4位の好走を見せている山登りのスペシャリストです。

なんでも金子伊吹選手中学時代から箱根の5区を走ることを目標にしてきたとのこと。

もちろん3年生の今年も5区出走予定となっています。

金子伊吹のプロフィール

名前:金子 伊吹(かねこ いぶき)
生年月日:2001年12月21日
出身:神奈川県
身長:164cm
体重:54kg
経歴:鎌倉市立手広中学校→藤沢翔陵高校→駒澤大学

金子伊吹の小中学時代

金子伊吹選手がいつから陸上を始めたのかはわかっていませんが、中学時代にはすでに陸上部に所属されていました。

中学3年生の時には箱根駅伝の5区現地で観戦

その時に「山の神」と呼ばれた青山学院大学の神野大地選手の走りを見て
「自分も走りたい」
と意識するようになったそうです。

実は金子伊吹選手中学3年時相模原クロスカントリー大会優勝していますが、
その時のゲストランナーが神野大地選手でした。

おそらくそのような縁もあって、箱根駅伝観戦に訪れたのでしょうね。

中学生のときに神野さんの走りを頂上で見ていた。そこから山の魅力を感じた。山登りは得意だと思っていたので、そこからは自分は平地では戦えないけど山では他の選手と戦えると考えていた。

第98回箱根駅伝 駒澤大学・金子伊吹選手インタビュー

金子伊吹の高校時代

中学卒業後は藤沢翔陵高校進学します。

高校では3年時に、全国高校総体神奈川県予選3000障害優勝!


また、神奈川県高校駅伝でも主将として区間賞を獲得し、3年ぶりの全国大会出場に導きました。

全国高校駅伝6区で出走し、区間22位(チームは総合34位)。

金子伊吹の大学時代

駒澤大学に進学後は2年時箱根駅伝大学三大駅伝デビュー!

念願の5区に抜擢されると区間4位の走りを見せ、チームの総合3位に貢献しました。

金子伊吹の自己ベスト

5000メートル:14分07秒12
10000メートル:29分29秒62
ハーフマラソン:1時間04分59秒

金子伊吹のシューズ

金子伊吹選手2022年の箱根駅伝ではナイキの厚底シューズであるヴェイパーフライ(オレンジ)を履かれていました。


ただ、最近はナイキの厚底シューズ箱根の山には不向きとも言われているので、今年も使用するのかは不明です。

2023年箱根駅伝金子伊吹選手使用したシューズに関しては、判明しましたら、改めて追記させていただきます。

金子伊吹のまとめ

今年の箱根駅伝には駒澤大学初大学駅伝三冠がかかっています。

箱根駅伝では特殊区間である山登りの5区を担当する金子伊吹選手キーマンになってきそうな気がしますね!


今年の駒澤大学についてはこちらを→駒澤大学の箱根駅伝2023区間エントリーメンバー予想!退部者続出でもなぜ強い?