野球

玉城陽希(横浜)は沖縄出身のドラフト候補?父弟は?出身中学や進路は?

横浜高校ドラフト候補玉城陽希選手

「玉城 陽希」名前の読み方“たましろ はるき”

小学生時代には横浜DeNAジュニア、中学時代にはU-15日本代表を経験しているプロ注目イケメンキャッチャーです。

高校3年の今年は主将を務め、夏の神奈川県大会では優勝を達成しています。

玉城陽希(はるき)のプロフィール

名前:玉城 陽希(たましろ はるき)
生年月日:2004年4月18日
出身:?
身長:173cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー兼ファースト
経歴:横浜市立潮田小学校→横浜市立潮田中学校→横浜高校

玉城陽希(はるき)は沖縄出身?

玉城陽希選手については「玉城」という名字が、沖縄に多いことから、沖縄出身ではないか?と思っている人が多いみたいですね。

私も気になって調べてみましたが、特に玉城陽希選手沖縄出身だという情報はみつかりませんでした。

玉城陽希選手の生まれた場所はわかりませんでしたが、
少なくとも小学校からは神奈川県にある横浜市立潮田小学校に通われていました。

玉城陽希(はるき)の父弟

玉城陽希選手・優さんと・友美さんの間に生まれました。

・優さんが野球をやっていたかどうかについては不明です。

玉城陽希選手には1歳下に弟がおり、藤沢翔陵高校野球をされています。

の名前は玉城巧望(たくみ)選手で、 ポジションはセカンド

と同じくもチーム内での信頼が厚く、2年生ながら副将を務めています。

今年の神奈川県大会準々決勝では、兄弟対決が実現!

兄・玉城陽希選手のいる横浜高校7回コールド8対1で勝利していました。

玉城陽希(はるき)の小中学時代

玉城陽希選手は小学生から地元のニュー横浜スターズ軟式野球を始めました。

早くから頭角を現しており、小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、横浜DeNAベイスターズジュニア入りを経験しています。

当時からポジションはキャッチャーで、横浜DeNAベイスターズジュニアの鈴木尚典監督からも
「今までやってきた中で、一番の捕手」
と太鼓判を押されていました。


中学時代は、強豪・中本牧シニアでプレー。

中学3年時には主将を務め、リトルシニア日本選手権大会ジャイアンツカップ出場を果たしています。

特にリトルシニア日本選手権大会ではベスト4まで勝ち進み、個人でもベストナインに選出されていました。

また、中学3年の冬にはU-15日本代表に選出され、U-15アジアチャレンジマッチに出場していました。

玉城陽希(はるき)の高校時代

横浜高校に進学後は、まずは打撃を活かして、ファーストのレギュラーを獲得します。

2年夏神奈川県大会では、主に7番・ファーストとして優勝に貢献しました。

続く甲子園では7打数1安打の成績で、2回戦敗退

2年秋の新チームからは本職のキャッチャーに戻るとともに主将に就任します。

しかし、秋の神奈川大会3回戦の直前、部内に新型コロナウイルス感染者が出たため、出場辞退となってしまいました。

それでも、3年夏には主将正捕手クリーナップとチームの中心を担い、2年連続の甲子園出場を果たしています。

玉城陽希(はるき)の進路

玉城陽希選手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

現時点では大学進学有力と見られています。

玉城陽希(はるき)のまとめ

今年の横浜高校はエースの杉山遙希投手をはじめ、レギュラー陣に1、2年生が多く、とても若いチームです。

主将玉城陽希選手にかかる負担は大きいですが、持ち前のリーダーシップでチームを引っ張り、日本一を達成してほしいですね!


甲子園でも優勝が狙える今年の横浜高校についてはこちらを↓
横浜高校野球部メンバー2022!パワハラ疑惑や退部者の影響は?出身中学は?

玉城陽希選手以外2022年夏甲子園注目選手についてはこちらを↓
高校野球夏の甲子園大会注目選手2022/投手(ピッチャー)編!日程も!

高校野球夏の甲子園大会注目選手2022/打者(野手)編!日程も!