野球

才木海翔(大阪経済大)の兄は阪神の才木浩人?出身中学高校は?

大阪経済大学ドラフト候補才木海翔投手

「才木海翔」名前の読み方“さいき かいと”

今年のドラフト上位候補にも名前が挙げられている本格派のピッチャーです。

中学時代からの友人には、千葉ロッテマリーンズの藤原恭大選手や広島東洋カープの小園海斗選手がいます。

さらにお兄さんプロ野球選手との噂が!

果たして、友人兄?に続いてのプロ入りはなるのでしょうか?

才木海翔(かいと)のプロフィール

名前:才木 海翔(さいき かいと)
生年月日:2000年6月10日
出身:大阪府豊中市
身長:181cm
体重:86kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:豊中市立庄内小学校→豊中市立第六中学校(現・豊中市立庄内さくら学園中学校)→北海道栄高校→大阪経済大学

才木海翔(かいと)の小中学時代

才木海翔投手小学3年生から庄内ゼッツ野球クラブ軟式野球を始めました。

中学時代軟式野球部に所属。

ロッテの藤原恭大選手や広島の小園海斗選手とは同い年で、違うチーム(藤原選手と小園選手は枚方ボーイズ)ですが、
中学生の頃から週1回、同じ球場で一緒に練習していたそうです。

才木は大阪・豊中市出身。ロッテ藤原や広島小園が同い年で、違うチームだが中学生の頃から週1回、同じ球場で一緒に練習してきた。藤原を「とにかく野球に真面目。尊敬しています」と評する。藤原は隣の中学で当時から仲良しだったという。

155キロ&ドラ1宣言!大経大・才木海翔、藤原や小園への反骨心も持ち味

才木海翔(かいと)の高校時代

中学卒業後は親元を離れ、北海道栄高校進学します。

高校では2年秋からベンチ入り

秋季北海道大会では背番号10番ながら7試合中6試合に登板し、ベスト4入りに貢献しました。

翌3年春からは背番号1を付けてマウンドに上がります。

3年夏南北海道大会準決勝で、駒大苫小牧3対4で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

才木海翔(かいと)の大学時代

大阪経済大学に進学後は1年春からリーグ戦に出場。

3年秋には7試合に登板、2勝1敗防御率0.74の好成績で、最優秀防御率賞を受賞しています。


さらにプロ4球団が視察に訪れた4年春開幕戦では自己最速となる152km/hをマークし、評価を高めていました。

才木海翔(かいと)の兄は才木浩人?

才木海翔投手で検索すると「才木海翔 兄」「才木海翔 才木浩人」と出てきます。

阪神タイガースの才木浩人投手は、才木海翔投手お兄さんなのでしょうか?

「才木」という少し珍しい苗字であること、
同じピッチャーであること、
同じ関西出身であることなど、2人には共通点が多く見られます。

しかし、才木海翔投手才木浩人投手兄弟ではないようです。

才木浩人投手2人兄弟で、上武大学で野球をやっていた才木智史さんというお兄さんはいますが、はいません。

才木海翔(かいと)のプレースタイル

才木海翔投手最速152km/hを投げるプロ注目のピッチャーです。

変化球スライダーフォークチェンジアップカーブ

球速以上に感じる球威精度の高い変化球で三振が取れるのが持ち味。

巨人、オリックスで活躍した大阪経済大学の山本和作監督は才木海翔投手について
「真っすぐのキレとかボールの質っていうのは、すごくいいと思うし、だれが見てもいいピッチャーと感じるところだと思う」
と話されています。

才木海翔(かいと)の進路

才木海翔投手はすでにプロ志望を表明しています。

しかも、気の緩みを排除するため、就職活動は一切していないそうです。

プロ入りへの強い想いが感じられますね!

才木海翔(かいと)のスカウト評価

オリックス・谷口スカウト
「真っすぐに力がある。変化球の精度が高まってくると楽しみ」

ロッテ・三家スカウト
「スピードも出ていたし、ポテンシャルは感じるものがあった」

DeNA・河原隆一スカウティングディレクター
「爆発力がある。ストレートの強さは魅力。いいモノを見られました」
「タイプ的にはリリーフ。爆発力がある」

才木海翔(かいと)のまとめ

中学時代からの友人である藤原選手と小園選手からは
「お前いつ(プロ野球の世界へ)来るねん。遅すぎやろ。はよ来いよ」
と言われているそうです。

才木海翔投手には2人と同じドラフト1位で、プロに進んで行ってほしいですね!