野球

三井雄心(浦和学院)の出身中学や父は?ドラフト注目!

浦和学院ドラフト候補三井雄心選手

「三井 雄心」名前の読み方“みつい ゆうしん”

中学通算17本塁打に加え、投げても最速138km/hを記録している二刀流選手です。

なんでも三井雄心選手お父さん野球に関わられていて、有名な人物だそうです。

今回はそんな三井雄心選手経歴家族についてまとめてみました。

三井雄心のプロフィール

名前:三井 雄心(みつい ゆうしん)
身長:180cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:内野手兼ピッチャー
経歴:浦和学院

三井雄心の父

三井雄心選手お父さん元プロ野球選手の三井浩二さんです。

三井浩二さんの現役時代のポジションはピッチャー

北海道足寄高等学校新日本製鐵室蘭新日本製鐵広畑を経て、2000年ドラフト2位(逆指名)西武ライオンズに入団。

2002年2003年には二桁勝利を挙げるなど、中心選手として活躍されていました。

現在は社会人野球チーム・SUNホールディングス硬式野球部投手コーチをされいてます。

三井雄心の小中学時代

三井雄心選手は小学生から東京都杉並区にある久我山イーグルス軟式野球を始めました。

小学5年時には、高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントに出場。

通っていた中学校はわかっていませんが、中学時代は千葉県にある強豪・京葉ボーイズでプレーしていました。

ピッチャー兼内野手として活躍し、中学3年時にはボーイズ春季全国大会ボーイズ選手権大会に出場。

ボーイズ春季全国大会ではベスト4入りを果たしています。

京葉ボーイズ時代の同期のチームメイトには、三井雄心選手と同じく元プロ野球選手の父を持ち、横浜高校に進学した椎木卿五選手らがいました。

三井雄心のプレースタイル

三井雄心選手身長180cm体重80kgの恵まれた体格を持つ強打の内野手兼投手です。

高い打撃技術を誇り、中学通算17本塁打を記録!

また、ピッチャーとしても最速138km/hをマークするなど、抜群の身体能力を持っています。

憧れの選手はヤクルト・村上宗隆選手。

村上選手のように両翼にホームランが打てる選手を目指しているそうです。

三井雄心のまとめ

三井雄心選手の進学した浦和学院は昨夏、森大監督が就任し、睡眠改革やマウスガードの着用など新しいことにチャレンジしているチームです。

将来、プロ野球選手を目指している三井雄心選手にとって、とてもいい学校に進学したと思いますね。

森大監督の指導の下、スケールの大きな選手へと成長していってほしいものです。

森大監督についてはこちらを→森大監督(浦和学院野球部)のwiki経歴!結婚した嫁や父弟は?