石原彪(楽天)はヤンキー?体重や年俸は?読み方や母や中学も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今シーズンの飛躍が期待される楽天石原彪選手。
身長は172cmながら、体重は96kg!
とてもがっちりした体形のキャッチャーです。
高校時代は通算通算42本塁打の強打と、二塁送球1.85秒の強肩から「京都のドカベン」と呼ばれていました。

 

名前:石原 彪(いしはら つよし)
生年月日:1999年3月8日
出身:京都府京都市
身長:172cm
体重:96kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:捕手
年棒:500万円(2018年)
背番号:70
経歴:京都市立向島藤の木小学校→京都市立向島東中学校→京都翔英高校→東北楽天ゴールデンイーグルス

 

石原選手は、小学2年生から「向島ベースボール」で野球を始めました。
最初は外野手でしたが、すぐに肩の強さを買われ、キャッチャーにコンバートされます。

中学では「京都南山城ボーイズ」に所属。
中学3年生の時には、U-15日本代表に選抜され、4番を打っています。
その時のU-15日本代表には、同じ楽天に入団した藤平尚真投手もいました。

高校は京都翔英高校に進学。
1年夏から4番を任されます。
3年生の時には、キャプテンとしてチームを引っ張り、
3年夏の京都府大会では、打率.47811打点の活躍で、甲子園初出場に貢献しました。
甲子園では、初戦の樟南高校戦で2本の二塁打を打ちましたが、チームは1-9で敗れています。
高校時代のチームメイトには、山本祐大選手(BC滋賀→DeNA)がいました。
山本選手については→山本祐大(BC滋賀→DeNA)京都翔英出身!

その後、2016年のドラフトで、東北楽天ゴールデンイーグルスから8位で指名され入団しています。

スポンサードリンク

○体重遍歴
炭酸から揚げが大好きな石原選手は、中学3年の時の体重は70kgでした。
野球部引退後に体重が一気に増えて、高校入学時には78kg
その頃のマイブームは、
「熱い風呂の中で、氷をタップリ入れたコップに炭酸を入れて飲んで、ノドを刺激すること」
だったそうです。

高校に入学すると猛練習により、すぐ65kgまで減量しますが、練習になれると、体重は再び増えて、高校3年の甲子園出場の時には、87kgになっていました。
野球部引退後には更に太り、11月中旬の入団交渉時点では98kg
担当スカウトに怪我の恐れがあるので、合同自主トレまでに10kgの減量を命じられますが、合同自主トレの時には、まさかの100kgちょうどでした。
まさに大物の風格!

 

○母親想い
石原選手は、母・絹枝さんに女手一つで育てられました。
中学3年生の時には、多くの高校からスカウトが来ていましたが、母が体調を崩しとことから、
「自分が働いて母を助けるべきか?」
と一時は高校への進学を迷っていた時期もあったそうです。
最終的には、自宅から通える距離にあるという理由で京都翔英を選んでいます。
高校3年生の時にもドラフト指名がなければ、野球を辞めて働く覚悟でした。

「石原彪」で検索すると、ヤンキーという言葉や、未成年なのに居酒屋に行っていたなど、あまりよくないことも書かれています。
たしかに中学時代には、学校をサボったり、夜遊びをしたりしていたこともあったそうです。
でも、それも昔の話。
石原彪選手が、まじめに野球に取り組んでいることは、今シーズンの活躍で証明してくれずはずです。

でも、食べ過ぎには注意が必要かも?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ