野球

川村友斗(仙台大)は北海出身のドラフト候補!弟もすごい?大学日本代表候補!

川村友斗 仙台大 北海

仙台大学ドラフト候補川村友斗選手。

天才的なバッティングセンスを持った外野手です。

北海高校2年生の時に出場した甲子園では、2本のホームランを放ち、チームを創部初の準優勝に導きました。

大学進学後も、2年秋リーグ新記録となる10打数連続安打を記録するなど、ハイレベルな活躍を続けています。

川村友斗のプロフィール

名前:川村 友斗(かわむら ゆうと)
生年月日:1999年8月13日
出身:北海道松前町
身長:181cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
家族:両親、弟
経歴:松前町立松城小学校→松前町立松前中学校→北海高校→仙台大学

川村友斗の小中学時代

川村友斗選手小学2年生から松城ユニオン野球スポーツ少年団で野球を始めました。

中学時代は軟式野球部に所属。

卒業後は北海高校に進学します。

川村友斗の高校時代

高校では1年秋からベンチ入り。

2年夏の南北海道大会では全7試合6番・ファーストで出場。

川村友斗選手20打数5安打7打点、打率.250、1本塁打の平凡な成績ながらも、
1学年上のエース・大西健斗投手(現・慶應大学)の活躍もあり、優勝を果たしました。

大西健斗投手についてはこちらを→大西健斗(慶應大)は北海出身のドラフト候補!現在は怪我?彼女や進路についても!


続く甲子園では初戦(2回戦)松山聖陵戦6番・ファーストで出場。

松山聖陵のアドゥワ誠投手(現・広島)から2本のヒットを放ち、サヨナラ勝ちに貢献すると、以降は5番打者として出場します。

3回戦日南学園戦ではライトへホームラン!

準々決勝聖光学院戦では、プロ注目の鈴木駿輔投手(現・信濃グランセローズ)から宇宙間にホームランを放つなど大活躍!

16打数7安打4打点、打率.438、ホームラン2本の好成績で、創部初の準優勝を達成しました。

鈴木駿輔投手についてはこちらを→鈴木駿輔(福島→信濃グランセローズ)の青山学院大退部中退の理由は?ドラフトや父は?


甲子園には3年夏にも出場。

この時は初戦神戸国際大附属と対戦し、4対5で敗れています。

川村友斗選手3番・ファーストで出場し、5打数1安打1打点

高校の同期のチームメイトには阪口皓亮投手(現・横浜DeNA)、佐藤大雅選手(現・富士大学)らがいました。

川村友斗の大学時代

高校卒業後は仙台大学に進学します。

大学では1年春のリーグ戦からベンチ入り。

2年秋からセンターのレギュラーを獲得すると、
38打数18安打16打点、打率.474、ホームラン2本の大活躍!

首位打者打点王ベストナインを受賞したのに加え、10打数連続安打を放ち、リーグ新記録を樹立しました。


その後、3年春のリーグ戦は新型コロナウイルスの影響で中止。

3年秋のリーグ戦では36打数11安打14打点、打率.306、ホームラン2本の成績で、打点王ホームラン王ベストナインを受賞しています。

川村友斗のプレースタイル

川村友斗選手確実性長打力を兼ね備えた外野手です。

プロ注目レベルのピッチャーからもホームランを打っていて、
2年秋には東北福祉大学の津森宥紀投手から(現・ソフトバンク)から満塁ホームラン、
東北公益文科大学の赤上優人投手(2020年西武育成1位)からもダメ押しのホームランを記録しいてます。

また、センターを守れるほどのもあります。

50メートル走5秒89(手動)。

川村友斗の弟

川村友斗選手の4歳下の弟・川村亮太さんも北海道の知内高校で野球をされていて、兄以上のバッティングセンスがあると評判な選手だそうです。

ポジションは外野手。

チームでは主将を務め、2年秋北海道大会2回戦では2打席連続ホームランを含む3安打6打点と活躍し、ベスト8入りに貢献しています。


まだ、プロ注目ということではないみたいですが、これからが楽しみな選手ですね!

川村友斗のまとめ

川村友斗選手大学日本代表候補にも選ばれています。

大学4年生となる2021年は所属チームだけではなく、日本代表での活躍も楽しみですね!