カテゴリー:野球

  1. 早くも、2019年の大学ナンバー1サウスポーと呼ばれているのが、立教大学のドラフト候補・田中誠也投手です。 身長173cmと小柄ですが、大阪桐蔭時代から甲子園で活躍し、注目されていました。 大学に入ってからも、高校時代に続いて日本一を達…

  2. JFE西日本のドラフト候補・河野竜生投手。 174cmと小柄のサウスポーですが、高校時代は夏の甲子園に3回出場し、3年夏にはベスト8にも入っているピッチャーです。 社会人に進んでからも、2年目の社会人野球日本選手権で2試合完封勝利を記録…

  3. 智辯和歌山のドラフト候補・黒川史陽選手。 名門・智辯和歌山で、1年春からレギュラーで活躍している天才バッターです。 3季連続で甲子園に出場中(4季連続も確実)で、2年春のセンバツでは準優勝に輝いています。 2年秋にはキャプテンに就任し…

  4. 東邦高校のドラフト候補・熊田任洋選手。 走攻守3拍子そろった熊田選手は、ショートを守り、4番を打つチームの中心選手です。 特にバッティングセンスはすばらしく、1年秋の公式戦では打率.458を記録しました。 それだけでも凄いですが、なん…

  5. 2019年ドラフト候補・創価大学の小孫竜二投手。 最速150km/hのストレートを投げる本格派ピッチャーです。 創価大学の同学年には、他にも154km/h右腕・杉山晃基投手、146km/h右腕・望月大希投手と、注目の投手がいます。 …

  6. 星稜高校のドラフト候補・山瀬慎之助選手。 星稜の林和成監督から、20年間見てきた中で『歴代No.1』と評されるほどの強肩のキャッチャーです。 中学時代には、星稜でもチームメイトの奥川恭伸投手とバッテリーを組んで日本一に輝いています。…

  7. ★2018年ドラフト・ヤクルト7位! その他指名選手はこちら→ドラフト指名選手一覧2018! 2018年ドラフトでヤクルトから7位で指名された、九州共立大学の久保拓眞投手。 鋭く曲がるスライダーが武器のサウスポーです。 大学3年…

  8. 大学野球のシーズン最後を飾る明治神宮大会。 今年も各地区を勝ち抜いた11の大学によって争われます。 ○日程 2018年11/9(金)~11/14(水) ○出場校 創価大学(関東五連盟第一…

  9. 創価大学の2019年ドラフト候補・杉山晃基投手。 最速154km/hの剛腕ピッチャーです。 しかし、本人は154km/hという数字にも全く満足しておらず、 「投手の醍醐味は球速。スピードは速い方がいい。1キロでも速い真っすぐを投げ…

  10. 高校野球のシーズン最後を飾る明治神宮大会。 今年も、各地区を勝ち抜いた10の高校によって争われます。 優勝チームのある地区は、来年の選抜高等学校野球大会の出場枠(神宮大会枠)が1つ多くなります。 選抜出場が微妙な大阪桐蔭や創志学園…

RETURN TOP

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ