大学野球

杉崎成輝(東海大)ドラフト候補は態度が悪い?出身中学高校や身長も!

東海大学のドラフト候補・杉崎成輝選手。
中学、高校と日本代表に選ばれている、この世代を代表するショートです。
東海大相模時代には、小笠原慎之介投手(現・中日)、吉田凌投手(現・オリックス)らとともに甲子園優勝を達成しました。
実は、中学時代にも日本一になっていますので、次に目指すのは大学でも日本一です

プロフィール


名前:杉崎 成輝(すぎざき なるき)
生年月日:1997年8月14日
出身:神奈川県鎌倉市
身長:173cm
体重:70kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート
経歴:鎌倉市立玉縄小学校→鎌倉市立玉縄中学校→東海大相模高校→東海大学

小中学生時代

小学1年生から『ラブリーサンズ』軟式野球を始めました。
その頃から、打撃センスが抜群で、足が速く、肩も強かったそうです。
そのため小学3年生からは上の学年のチームでプレーし、サードピッチャーキャッチャーなど、色々なポジションを経験しました。

中学時代は、『湘南クラブボーイズ』に所属。
チームには、東海大相模でも一緒にプレーすることになる小笠原慎之介投手もいました。
ともに活躍し、中学3年夏にはジャイアンツカップでチームを初優勝に導いています。

大会終了後には日本代表入りを果たし、U-15アジアチャレンジマッチにも出場しました。

高校時代(東海大相模)

中学卒業後は、東海大相模高校に進学。

1年春からベンチ入りを果たしています。
1年夏の神奈川県大会では6試合3番・サードで出場し、15打数6安打、打率.400、打点4の成績を残しました。

1年秋の神奈川県大会からショートのレギュラーを獲得。

2年夏の神奈川県大会では、26打数15安打、打率.577、ホームラン3本、打点9の大活躍で、4年ぶりの優勝に貢献しています。
続く甲子園では、初戦で盛岡大付の松本裕樹投手(現・ソフトバンク)にノーヒットに抑えられ、チームも3対4で敗れました。

日本一&甲子園最多タイ二塁打

甲子園には3年の夏にも出場しています。
3番・ショートとしてプレーし、21打数12安打、打率.571、打点6の大活躍で45年ぶりの日本一を達成しました。

またこの大会で、一大会での個人最多タイとなる6本の二塁打を記録しています。

日本代表

この活躍により、大会終了後にはU-18日本代表入りを果たし、U-18ワールドカップに出場しています。
チーム事情によりレフトセカンドを務め、打率.433、打点6の活躍で準優勝に貢献しました。

高校のチームメイト

高校時代のチームメイトには、高校卒業後にプロ入りした小笠原慎之介投手、吉田凌投手の他、今年のドラフト候補の豊田寛選手(現・国際武道大)らがいました。

豊田寛(国際武道大)ドラフト評価や出身中学高校は?身長体重も!国際武道大学のドラフト候補・豊田寛選手。 逆方向にもホームランを打てる右の外野手です。 東海大相模高校時代には、同級生の小笠原慎...

大学時代

高校卒業後は、系列の東海大学に進学。
1年秋からレギュラーとしてリーグ戦に出場しています。

2年春には打率.372を記録するなど活躍を続けていましたが、
3年春リーグ戦の開幕前日の練習で右脚の腓骨(ひこつ)を骨折するという大ケガを負い、約1年間も戦列を離れることとなってしまいました。

しかし、4年春に復帰すると、主に3番を打ち、チームをリーグ優勝に導いています。

大学のチームメイト

大学の同期のチームメイトには原田泰成投手、海野隆司選手、藤井健平選手らがいます。

原田泰成(東海大)ドラフト候補の父や出身中学高校は?球速球種も!東海大学のドラフト候補・原田泰成投手。 最速151km/hを投げる本格派のピッチャーです。 プロからの評価も高く、現状でもドラフト指...
海野隆司(東海大)強肩/海キャノンに注目!ドラフト候補の身長は?東海大学のドラフト候補・海野隆司選手。 武器は大学野球界ナンバー1と言われる肩の強さです。 その強肩ぶりに、ソフトバンクの甲斐拓也選...
藤井健平(東海大)ドラフト候補は強肩が魅力!中学や身長は?大阪桐蔭出身!東海大学のドラフト候補・藤井健平選手。 とても身体能力の高い外野手です。 特に肩が強く、遠投125メートルを誇ります。 遠投125...

プレースタイル

173cmと小柄ながら、三拍子揃ったショートです。

コースに逆らわず打ち分けることができる中距離バッタータイプ
守備では、ややスローイングでミスが見られることがありますが、肩が強く、大学トップレベルの守備力を誇ります。
50m6秒0。

態度が悪い?

態度について、少しばかり悪評が流れているようですね。

これは、高校時代のプレーに一因があります。
ネットでの情報によると、
“盗塁をしてきた相手に対し、殴るようにタッチした。”
という行為が批判を浴びていました。

私はリアルタイムでプレーを見ていませんので、今回、ネット上の動画で拝見しましたが、部分だけを切り取ったもので、しかもタッチのスピードが異様に早くて、やや違和感のある動画でした。

今回見つけられた情報だけでは、態度が悪いと決めつけることはできませんでした。

それに高校時代のことですので、今は人としても成長していると思います。

まとめ

杉崎選手は、中学、高校と日本一を経験している選手です。
ここまできたら、ぜひ大学でも日本一になって、小笠原投手や吉田投手の待つプロへと進ん行ってほしいですね。

関連記事

大学野球選手権大会2019の組み合わせやライブ(放送)は?注目選手も!6月10日から行われる第68回全日本大学野球選手権。 全国26連盟の春季リーグ戦等を勝ち抜いた27の代表校が、神宮球場と東京ドームを舞...

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)