大学野球

郡司裕也(慶応大)ドラフト候補の兄や彼女は?出身中学高校や身長も!

2019年ドラフトには、将来、日本を代表するようなキャッチャーになりそうな選手が、高校生、大学生ともにたくさんいます。
その中で、東洋大学の佐藤都志也選手とともに大学ナンバー1・キャッチャーに名前を挙げられているのが、慶應大学の郡司裕也選手です。

そこで今回は、2019年ドラフト1位候補である郡司選手についてまとめてみました。

■佐藤選手についてはこちらを↓

佐藤都志也(東洋大)イケメンドラフト候補の出身中学高校!MAJORとは?


名前:郡司 裕也(ぐんじ ゆうや)
生年月日:1997年12月27日
出身:千葉県市原市
身長:180cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
特技:太鼓の達人
趣味:ボーリング
好きな歌手・タレント:back number
信条:運命を愛し希望に生きる
経歴:千葉県市原市立水の江小学校→千葉県市原市ちはら台南中学校→仙台育英→慶應義塾大学

 

お兄さんの影響で、小学2年生から「ちはら台ファイターズ」軟式野球を始めました。

中学時代は「千葉市シニア」でプレー。
中学3年の春には、日本リトルシニア全国選抜野球大会日本一を経験しています。
郡司選手は3番キャッチャー主将と、中心選手として活躍し、ベストナインにも選ばれています。

 

○兄と高校受験
7歳上の兄・拓也さんは、慶應義塾高校外野手としてプレーした後、慶應大学に進学し、準硬式でピッチャーとしてプレーされていました。
その兄の姿を見ていた郡司選手も、慶應に憧れを持ち、慶應義塾高校を受験されています。
中学時代、学校成績が評定平均4.7(5点満点)と秀才だったようですね。

しかし、残念ながら、不合格となり、仙台育英高校に進学しました。

 

仙台育英
高校では1年秋からベンチ入り
2年秋の新チーム結成に伴い、キャッチャーのレギュラーを獲得しました。

同級生の平沢大河選手(現・ロッテ)、佐藤世那投手(元・オリックス)とともにチームを引っ張り、秋の宮城県大会、東北大会で優勝し、明治神宮大会に出場。
明治神宮大会でも優勝し、日本一に輝きました。

翌春のセンバツ大会では、平沼翔太選手(現・日本ハム)のいた敦賀気比に敗れ、2回戦敗退に。
それでも、夏の宮城県大会制し、再び出場した夏の甲子園では、26年ぶりとなる準優勝を達成しました!

大会終了後には、平沢選手、佐藤投手らとともに高校日本代表に選ばれ、U-18ワールドカップに出場し、準優勝に貢献しています。
そして、高校卒業後は、平沢大河選手、佐藤世那投手がプロに進む中、郡司選手は中学の時からの念願だった慶應大学に進学しました。

 

○慶應大
大学では、1年春からリーグ戦に出場します。
1年秋キャッチャーのレギュラーを獲得。
以降、中心選手と活躍を続け、3年秋から3年春にかけてのリーグ2連覇に貢献しました。

また、大学3年生の夏には日本代表として世界大学野球選手権大会に出場しています。
主力として活躍し、世界一を経験しました。

 

○プレースタイル
冷静なリード強打が武器のキャッチャーです。
バッティングは非常に勝負強く、高校時代に続いて、大学でも下級生の頃から4番を任されています。

肩の強さは、遠投100m強肩の部類と言えます。

 

○彼女
彼女について気になる方も多いようですね。
調べましたが、情報を見つけることはできませんでした

まぁ、芸能人ではないですから、そうそうプライベートな情報は見つかりませんよね…。

 

○まとめ
中学時代、高校時代と日本一になっている郡司選手ですが、今のところ、大学ではまだ日本一を経験していません。
ぜひ、大学でも日本一になって、ドラフト1位でプロへ進んでほしいですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)