大学野球

添田真海(明治)ドラフト候補の進路は?打撃フォームが独特?弟も凄い!

明治大学のドラフト候補・添田真海選手。
走攻守の3拍子そろった選手です。
高校時代から注目されていた選手でしたが、大学ではなかなかレギュラーを獲れずにいました。
しかし、4年生になってようやくレギュラーを獲得すると、春のリーグ戦では、打率4割ちょうどという高打率を記録し、優勝に貢献しています。

プロフィール


名前:添田 真海(そえだ まなみ)
生年月日:1997年6月19日
出身:栃木県日光市
身長:170cm
体重:70kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート、セカンド
趣味:ゲーム(パズドラとポケモンの腕は神レベルとの噂)
経歴:日光市立今市中学校→作新学院→明治大学

両親

両親は二人とも体育の先生をやっています。

母・一恵さんは高校時代にバドミントンでインターハイに出場し、日体大に進学してからもインカレでベスト8に入ったり、国体に出場したりするほどの選手でした。

その影響で添田選手は、6歳から8歳まではバドミントンの教室に通われていたそうです。

小中学生時代

小学3年生から『今二ブルーソックス』軟式野球を始めました。

中学時代は『栃木下野シニア』でプレー。
中学3年生の時にはU-15日本代表に選出され、U-15アジアチャレンジマッチに出場しています。
U-15アジアチャレンジマッチでは、エースの小笠原慎之介投手(現・中日)らとともに活躍し、優勝に貢献しました。

高校時代(作新学院)

中学卒業後は、作新学院に進学。
1年春からサードのレギュラーを獲得し、2年生からはショートとしてプレーしました。

甲子園には夏に3年連続で出場し、1年生と3年生の時にはベスト16に入っています。
高校通算20本塁打。

高校のチームメイト

高校時代のチームメイトには朝山広憲投手(現・法政大学)らがいました。

大学時代(明治)

高校卒業後は、明治大学に進学。
バッテイングを買われ、2年生の春からリーグ戦に出場しています。
2年秋には規定打席に到達しませんでしたが、5割2分4厘の高打率を残しています。

その後も、なかなかレギュラー獲得までは至りませんでしたが、4年春にセカンド、ショートのレギュラーを獲得すると、1番打者として活躍。
打率4割ジャストという好成績の収め、優勝に貢献するとともに、個人としても首位打者ベストナイン(セカンド)に輝いています。

大学のチームメイト

大学の同期のチームメイトには、今年のドラフト1位候補にも名前が挙げられている森下暢仁投手、伊勢大夢投手らがいます。

森下暢仁(まさと/明治)のドラフトや弟や中学高校は?怪我が不安?2019年ドラフトで、注目を集めること間違いないのが、明治大学の森下暢仁投手です。 高校時代から日本代表に選ばれるほどの好投手で、大学...
伊勢大夢(ひろむ/明治)ドラフト候補の出身中学高校は?友喜力とは?明治大学のエースナンバーである「11」を付けてプレーしている伊勢大夢投手。 最速150km/hのストレートを投げるサイドスローのピッチ...

プレースタイル

3拍子そろったプロ注目の内野手です。
「打撃は攻め」と語り、中学時代に自然と完成したてんびん打法”に似た独特なフォームで、積極的にバットを振ります。

大学では本職のショート、ベストナインにも輝いたセカンドで主に出場しています。
その他、レフトでの出場したこともありました。

弟もプロ注目

2歳下の弟・添田真聖選手プロ注目の好選手です。

兄と同じ作新学院出身で、1学年上には今井達也投手がいて、2年夏に甲子園優勝を経験しています。
ポジションは兄と同じショートで、3年次には主将を務めていました。

現在は日本体育大学で野球を続けています。
兄と同様に弟にも注目ですね!

進路

大学卒業後は、社会人でプレーするとことを予定しているようです。
ですが、将来的にはプロで見たい選手だと思います。

まずは、レギュラーとして初めて臨む大学野球選手権大会で、日本一を目指して、活躍してほしいですね。

関連記事

大学野球選手権大会2019の組み合わせやライブ(放送)は?注目選手も!6月10日から行われる第68回全日本大学野球選手権。 全国26連盟の春季リーグ戦等を勝ち抜いた27の代表校が、神宮球場と東京ドームを舞...

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)