野球

森田朝陽(早稲田大主将)はドラフト注目!出身高校や進路は?

早稲田大学ドラフト候補森田朝陽選手

俊足パンチ力を兼ね備えた外野手です。

高岡商業時代には甲子園2度出場!

主将を務めていた3年夏の甲子園ではホームランも放っていました。

早稲田大学でも最終学年の今年は、小宮山悟監督から直々に指名され、主将に就任しています。

森田朝陽(あさひ)のプロフィール

名前:森田 朝陽(もりた あさひ)
生年月日:2001年8月23日
出身:富山県
身長:175cm
体重:77kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:射水市立大門中学校→富山県立高岡商業高校→早稲田大学

森田朝陽(あさひ)の高校時代

森田朝陽選手富山県立高岡商業出身です。

高校時代には下級生時代からレギュラーとして活躍!

2年夏の富山県大会では1番・レフトとして、23打数10安打5打点打率.435の好成績で優勝に貢献しました。

続く甲子園でも全3試合1番・レフトで出場。

12打数1安打の成績ながら、3回戦まで進出しています。

3回戦では優勝した大阪桐蔭高校と対戦し、1対3で惜しくも敗れていました。


新チームからは主将に就任し、2年秋富山県大会3位北信越大会初戦敗退

3年夏富山県大会では1番・センターとして、19打数6安打2打点打率.316の成績で、優勝を達成します。

甲子園では14打数7安打5打点1本塁打の大活躍で、2年連続3回戦敗退


高岡商業の1学年上には山田龍聖投手(現・巨人)、同期には堀裕貴選手(現・名城大)らがいました。

森田朝陽(あさひ)の大学時代

高校卒業後は自己推薦入試を利用し、早稲田大学社会科学部進学します。


大学では3年春のリーグ戦でデビュー!

主に代打として、春秋合わせて13試合に出場し、17打数6安打打率.353の好成績を残しました。

3年秋のリーグ戦終了後には、早稲田大学の小宮山悟監督に指名され、高校時代に続いて主将に就任しています。

小宮山悟監督は森田朝陽選手を指名した点について
「1年のころから、ずっと彼の行動を見てきて決めたこと。例えば非科学的な練習であったとしても、森田は何の迷いもなくまず全力で取り組む。言うなれば、バカになれるということで、監督としてそういう姿勢を高く評価した」
と話されていました。

森田朝陽(あさひ)の進路

森田朝陽選手大学卒業後の進路はまだわかっていません。

森田朝陽(あさひ)のまとめ

森田朝陽選手は大学4年生の今年はセンターで起用されることが予想されています。

2020年秋以来のリーグ戦優勝を目指す早稲田大学主将として引っ張っていってほしいですね!