陸上

若林陽大(中央大)の進路はKao!出身中学高校や自己ベストは?

中央大学陸上部主将若林陽大選手

「若林陽大」名前の読み方“わかばやし はると”

箱根駅伝では3年連続6区を走っている山下りのスペシャリストです。

もちろん4年生の今年も6区出場予定ですね。

今回はそんな若林陽大選手経歴進路についてまとめてみました。

若林陽大(はると)のプロフィール

名前:若林 陽大(わかばやし はると)
生年月日:2000年11月23日
出身:岡山県
身長:173cm
体重:54kg
経歴:岡山市立吉備中学校→倉敷高校→中央大学

若林陽大(はると)の高校時代

若林陽大選手は陸上の名門・倉敷高校出身です。

全国高校駅伝には2年時3年時に出場。

いずれも4区で出走し、
2年時区間8位で、チームは総合2位
3年時区間3位で、総合優勝を達成しています。


また、インターハイには3年時5000メートルで出場。

結果は14分55秒59予選落ち

倉敷高校同期のチームメイトには駒澤大学の円健介選手らがいました。

円健介選手について詳しくはこちらを→円健介(駒澤大)の出身中学高校や進路は?自己ベストは?

また、倉敷高校2学年先輩には、駒澤大学に進学した若林大輝選手がいました。

若林陽大選手と若林大輝選手は名字が同じで、同じ吉備中学校出身です。

しかし、2人が兄弟かどうかは確認が取れませんでした。

若林陽大(はると)の大学時代

中央大学に進学後は1年時箱根駅伝大学三大駅伝デビュー!

山下りの6区で出走し、区間10位、チームは総合12位でした。


箱根駅伝には2年時3年時にも6区で出走。

2年時区間5位で、チームは総合12位
3年時区間5位で、チームは総合5位という成績を残しています。

大学4年時には全日本大学駅伝にも出場し、5区区間6位で、チームの総合7位に貢献しました。


中央大学同期のチームメイトには千守倫央選手らがいます。

千守倫央選手についてはこちらを→千守倫央(中央大)の進路は大塚製薬?出身中学高校や自己ベストは?

若林陽大(はると)の自己ベスト

5000メートル:13分59秒08
10000メートル:28分42秒02
ハーフマラソン:1時間04分29秒

若林陽大(はると)の進路

大学卒業後、若林陽大選手は実業団のKaoに入社し、陸上を続けることが決まっています。

若林陽大(はると)のまとめ

今年の中央大学箱根駅伝では復路優勝総合優勝が狙えます。

優勝するためには3年連続で箱根を経験している若林陽大選手の走りが鍵になりそうですね!