陸上

千守倫央(中央大)の進路は大塚製薬?出身中学高校や自己ベストは?

中央大学陸上部千守倫央選手

「千守 倫央」名前の読み方“ちもり ともひろ”

大学4年時日本インカレでは1500メートル2位に入っているスピードランナーです。

しかも、千守倫央選手イケメンとしても知られていますね。

今回はそんな千守倫央選手経歴進路などについて調べてみました。

千守倫央のプロフィール

名前:千守 倫央(ちもり ともひろ)
生年月日:2000年12月27日
出身:愛媛県
身長:174cm
体重:55kg
経歴:松山市立勝山中学校→愛媛県立松山商業高等学校→中央大学

千守倫央の高校時代

千守倫央選手愛媛県立松山商業出身です。

高校では1年生から3年連続全国高校駅伝に出場!

そのすべてでエース区間である1区を務めていました。

また、高校2年時には5000メートルで、
高校3年時には1500メートル5000メートルインターハイにも出場しています。

千守倫央の大学時代

中央大学に進学後は1年時箱根駅伝大学三大駅伝デビュー!

1区を任されますが、区間16位で、チームは総合12位に終わっています。

2年時箱根駅伝にも1区で出場しますが、区間17位(チームは総合12位)。

3年時新型コロナウイルス感染したり、ケガで思ったように練習が積めなかったりした影響で、駅伝には出場できませんでした。

それでも、4年時には9月に行われた日本インカレ1500mでは2位に入って、復調を印象づけます。


続く駅伝シーズンでも
出雲駅伝では2区区間3位(チームは総合3位)、
全日本大学駅伝では1区区間3位(チームは総合7位)、
でチームの入賞に貢献しました。


中央大学同期のチームメイトには主将の若林陽大選手らがいます。

若林陽大選手について詳しくはこちらを→若林陽大(中央大)の進路はKao!出身中学高校や自己ベストは?

千守倫央の自己ベスト

1500メートル:3分45秒19
5000メートル:13分49秒41
10000mメートル:8分15秒40
ハーフマラソン:1時間02分37秒

千守倫央の進路

大学卒業後、千守倫央選手大塚製薬に入社し、陸上を続けることが決まっています。

千守倫央のまとめ

今年の箱根駅伝では中央大学優勝候補にも名前が挙げられています。

大学最終学年の千守倫央選手にはチームを優勝に導くような走りを見せてほしいですね!