野球

田中楓基(旭川実業)の幼馴染がすごい?ドラフト指名は?出身中学や球速球種についても!

田中楓基 ドラフト 旭川実業

旭川実業ドラフト候補田中楓基投手

「田中楓基」名前の読み方“たなか ふうき”

最速150km/hストレートを投げる本格派のピッチャーです。

3年夏北北海道大会では地元・北海道日本ハムをはじめ、プロ9球団のスカウトが視察に訪れていました。

田中楓基(ふうき)のプロフィール

名前:田中 楓基(たなか ふうき)
生年月日:2003年8月23日
出身:北海道旭川市
身長:180cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親、兄、弟
経歴:旭川市立新富小学校→旭川市立明星中学校→旭川実業高校

田中楓基(ふうき)の小中学時代

田中楓基投手小学1年生から旭川新富少年野球団軟式野球を始めました。

6年時には北海道選抜主将として、全国大会準優勝を経験しています。

中学時代は軟式野球部に所属。

3年時には最速141km/hをマークし、春に行われた旭川市の大会ではMVPに選ばれる活躍で、優勝を達成しました。

田中楓基の幼馴染

田中楓基選手大阪桐蔭の松浦慶斗投手と幼馴染で、小学校中学校一緒です。

小学校時代には同じチームでプレーしています。(中学は別)

もともと2人の父親同士同じ職場の同僚で、当時住んでいた宮城県石巻市社宅でも隣同士だったそうです。

大阪桐蔭の150キロ左腕・松浦慶斗投手(3年)は父親同士が職場の同僚で、宮城県石巻市の社宅は隣だった。田中が小学1年の時に旭川に引っ越して離れ離れになったが、2011年の東日本大震災の後に松浦家も旭川に引っ越し。新富野球少年団で一緒にプレーすることになった。

Full-Count

松浦慶斗投手のお父さん社会人野球で活躍し、日本製紙石巻硬式野球部では監督も務めていました。

もしかしたら、田中楓基投手お父さん社会人野球でプレーされていたのかもしれませんね。

松浦慶斗投手についてはこちらを→松浦慶斗(大阪桐蔭)は父やいとこもすごいドラフト候補!出身中学や進路は?球速球種は?

田中楓基(ふうき)の高校時代

田中楓基投手旭川実業では入学直後の1年春から背番号1を経験しています。

1年夏北北海道大会ではメンバー外でしたが、1年秋からは再びベンチ入り

1年秋には全5試合中4試合先発を任されています。

地区予選を勝ち抜いて出場した全道大会では優勝校の白樺学園初戦で対戦し、8対13で敗退。

翌2年6月には股関節恥骨疲労骨折

それでも、2年夏北北海道独自大会にはなんとか間に合い、先発リリーフで1試合ずつに登板し、ベスト4入りに貢献しました。

2年秋にはエースとして全道大会準優勝!

決勝では北海高校の木村大成投手と壮絶な投手戦を繰り広げましたが、0対1完投で、惜しくも敗れています。

木村大成投手についてはこちらを→木村大成(北海)は北広島出身のドラフト候補ピッチャー!フォームや球速球種は?

3年夏北北海道大会帯広大谷延長13回10対12で敗れ、初戦敗退

田中楓基(ふうき)のプレースタイル

田中楓基投手は将来性を高く評価されている本格派のピッチャーです。

ストレートの最速150km/h。

変化球スライダーカーブチェンジアップなど。

プロからの評価も高いスライダーに加え、100km/h前後カーブを有効に使い、打者に的を絞らせません。

遠投100メートル。

50メートル走6秒2。

田中楓基(ふうき)の進路

田中楓基投手プロ志望届提出済で、高卒でのプロ入りを目指しています。

田中楓基(ふうき)のスカウト評価

日本ハム・白井康勝スカウト
「変化球をうまく使えて成長している」

DeNA・欠端スカウト
「真っすぐに力がある。腕の振りも良く、将来性がある」

中日・八木智哉スカウト
「投げっぷりも球質もいい。ポテンシャルは高い」

田中楓基(ふうき)のまとめ

田中楓基投手幼馴染の松浦慶斗投手とプロの舞台で、競い合うことを目標にしています。

2人そろってドラフト指名を勝ち取ってほしいですね!


田中楓基投手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?