野球

山田拓也(青学野球部)はドラフト注目!兄もすごい?出身中学高校は?

青山学院大学ドラフト候補山田拓也選手

走・攻・守の3拍子揃ったプロ注目のセカンドです。

東海大相模時代には3年春センバツベスト4を経験。

大学進学後は1年生からレギュラーとして活躍を続けています。

山田拓也のプロフィール

名前:山田 拓也(やまだ たくや)
生年月日:2001年1月9日
出身:神奈川県横浜市
身長:169cm
体重:73kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:セカンド
経歴:横浜市立大問小学校→横浜市立瀬谷中学校→東海大相模高校→青山学院大学

山田拓也の兄・山田啓太

山田拓也選手3人兄弟の末っ子です。

2歳上の次兄・山田啓太投手も野球をされていて、東海大相模時代の2年夏には甲子園優勝を経験しています。


高校卒業後、白鴎大学を経て、現在JFE東日本でプレー。

今年(2022年)が大卒社会人2年目にあたり、プロ解禁の年を迎えています。

社会人でも1年目から活躍されており、今秋には兄弟同時のドラフト指名もあり得ると思いますね!

山田啓太投手については詳しくはこちらを→山田啓太(白鴎大→JFE東日本)は東海大相模出身のドラフト候補!弟や球種球速は?

山田拓也の小中学時代

山田拓也選手は小学生から横浜青葉リトルリーグ野球を始めました。

中学時代横浜青葉リトルシニアに所属。

中学3年の春にはリトルシニア全国選抜野球大会準優勝を経験しています。

山田拓也の高校時代

中学卒業後は東海大相模高校に進学。

高校では1年春からベンチ入りを果たしています。

2年秋の公式戦ではセカンドのレギュラーとして、
37打数17安打7打点打率.459ホームラン1本の大活躍で、神奈川県大会優勝関東大会ベスト4入りに貢献しました。

翌3年春センバツでは全4試合2番・セカンドで出場し、
15打数4安打2打点打率0.267の成績でベスト4入り


3年夏北神奈川県大会では、準決勝で優勝した慶應高校に4対7で敗れ、2季連続の甲子園出場はならず。

東海大相模同期のチームメイトには森下翔太選手(現・中央大)、小松勇輝選手(現・東海大)らがいました。

山田拓也の大学時代

青山学院大学進学後は1年生からレギュラーとして活躍されています。

3年秋のリーグ戦では自身初となるベストナインを獲得。

さらに4年生からは主将としてチームを引っ張っています。

山田拓也の進路

山田拓也選手プロ入りについて
「最終的にはそこを目指したい」
と話されています。

大学でのここまでの活躍を見ると、十分、大卒でプロ入りが狙えると思いますね。

山田拓也のまとめ

今年の大学生のセカンドには、山田拓也選手の他にも、立教大学の山田健太選手、駒澤大学の林琢真選手と3人の有力なドラフト候補がいます。

山田拓也選手には同学年のライバルたちと競い合って、成長し、できれば、大卒でのプロ入りを果たしてほしいですね!

山田健太選手についてはこちらを→山田健太(立教大野球部)は中日ファンのドラフト候補!兄や大阪桐蔭時代の成績は?