野球

清原勝児(慶應義塾)はドラフト注目!父母や兄もすごい?現在の身長や画像は?

清原勝児 慶應義塾高校 画像

慶應義塾高校2023年ドラフト候補清原勝児選手。

元プロ野球選手の清原和博さんをに持つ強打の内野手です。

父親譲り実力スター性を持ち、小学生時代からジャイアンツジュニア4番打者を務めるなど活躍されてきています。

清原勝児のプロフィール

名前:清原 勝児(きよはら かつじ)
生年月日:2005年5月1日
出身:東京都
身長:調査中
体重:調査中
投打:右投げ右打ち
ポジション:内野手
経歴:慶應義塾幼稚舎→慶應義塾幼中等部→慶應義塾幼高等部

清原勝児の父

清原勝児選手の父・清原和博さんは、いうまでもなく日本野球界のスーパースターです。

PL学園時代には桑田真澄さんと“KKコンビ”として注目され、甲子園には5季連続出場!

甲子園だけで通算13本ものホームランを放ち、2度日本一を達成しています。

プロでは西武巨人オリックスでプレーし、通算525本塁打を記録。

人気実力ともに飛び抜けていた選手でした。

しかし、現役引退後の2016年には覚醒剤取締法違反によって逮捕・・・。


最近は更生に努めており、YouTubeなどでも活動されています。

やはり、更生には子供たちの存在が大きかったようですね。

2019年12月に行われた野球教室では、イベント終了後に息子たちからの直筆メッセージが書かれたTシャツをプレゼントされ、を流していました。

Tシャツには、
「まだまだ若々しく元気でいろよ 絶対負けんな」

「いつもバッティングを教えてくれてありがとう これからも元気でいてね」
と書かれていました。

清原勝児の母

清原勝児選手の母モデルの亜希さんです。

清原和博さんとは2000年結婚。

2002年には長男が、2005年には次男清原勝児選手が生まれています。

現役引退後の2014年離婚。

現在は2人の息子を女手一つで育てられています。

清原勝児の兄


清原勝児選手の兄・清原正吾選手も野球をされています。

小学生の頃は野球をされていた清原正吾選手でしたが、一時野球を離れ、中学時代はバレー、高校時代はアメフトをされていました。

それでも、慶應義塾大学に進学後は野球再転向!

東京六大学での活躍が期待されています。


清原正吾選手についてはこちらを→清原正吾(慶應)がアメフトから野球に再転向!弟もすごい?ドラフトやイケメン画像は?

清原勝児の小中学時代

清原勝児選手5歳から東京港区の名門・オール麻布野球を始めました

父親譲りのパワーを武器にエース兼4番打者として活躍!

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、ジャイアンツジュニア入りを果たしています。

ジャイアンツジュニアでは4番・ファーストとしてNPB12球団ジュニアトーナメントに出場しました。


中学時代は世田谷西リトルシニアに所属。

中学2年時には4番・ショートとしてジャイアンツカップ日本一を達成するなど、活躍されています。

清原勝児の身長

清原勝児選手の現時点(高校1年時)での身長不明です。

清原勝児選手小学6年生の時にはすでに163cmもありました。

・清原和博さんは188cm
大学1年生の兄・清原正吾選手も父親と同じぐらいあるそうです。

また、・亜希さんもモデルをされているだけあり、168cmと女性としては高身長です。

おそらく、清原勝児選手も現時点(高校1年時)で180cm前後あり、高校を卒業する頃には180cm後半まで伸びるのではないでしょうか。

清原勝児のまとめ

甲子園を沸かせた清原和博さんをに持つ清原勝児選手。

ぜひ、高校3年間の内で一度は清原勝児選手甲子園で見てみたいですね!

高校での活躍が楽しみです!