野球

門馬功(東海大相模)はドラフト候補の内野手!父兄姉は?中学時代や進路は?

門馬功 東海大相模 ドラフト

東海大相模ドラフト候補門馬功選手。

名前の「門馬功」“もんまこう”と読みます。

東海大相模の門馬敬治監督をに持つ強打の内野手です。

高校では2年秋からクリーナップを打ち、センバツ出場に貢献!
親子鷹での日本一を目指しています。

門馬功のプロフィール

名前:門馬 功(もんま こう)
生年月日:2003年
出身:神奈川県相模原市
身長:172cm
体重:74kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ファースト、セカンド、レフト
経歴:相模原市立東林中学校→東海大相模高校

門馬功の父

門馬功選手お父さん東海大相模の門馬敬治監督です。

春2回、夏1回甲子園優勝の実績を誇る高校野球界の名将ですね。

現役時代は内野手としてプレー。

東海大相模時代主将を務めていましたが、甲子園出場経験はなし。

その後、進学した東海大学では怪我もありマネージャーに転向。

大学卒業後は東海大学東海大相模コーチを務め、
1999年29歳東海大相模野球部監督に就任しています。

門馬敬治監督についてはこちらを→門馬敬治監督(東海大相模)の息子娘や自宅は?原辰徳との関係や経歴は?

門馬大の兄姉

門馬功選手3人兄弟末っ子です。

3兄弟とも東海大相模の出身で、4歳の上の兄・門馬大選手は、高校3年夏神奈川県大会では決勝まで進みましたが、決勝で横浜高校に敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

高校卒業後は東海大学進学し、大学4年の今年は主将を務められています。

門馬大選手についてはこちらを→門馬大(東海大)は目の大怪我を乗り越え主将に!父妹弟や進路は?東海大相模時代は?

また、2歳上の姉・門馬花さんは東海大相模野球部マネージャーとして、2019年夏甲子園出場を支えました。

門馬功の小中学時代

門馬功選手小学生から翠ヶ丘野球部軟式野球を始めました。

中学時代は相模原ベースボールクラブでプレー。

中学3年時にはヤングリーグ春季大会ジャイアンツカップヤングリーググランドチャンピオン大会3度の全国大会出場を果たしています。

門馬功の高校時代

中学卒業後は、
「厳しい環境で練習し、僕も甲子園でプレーして兄を超えたい」
東海大相模に進学します。

高校では1年秋からベンチ入り。

1年秋には控えとして神奈川県大会優勝&関東大会ベスト4入りを経験しました。


しかし、出場を決めていた2年春センバツ新型コロナウイルスの影響で中止。

替りに行われた2年夏甲子園高校野球交流試合には8回代打で出場。

大阪桐蔭の松浦慶斗投手にショートゴロに打ち取られていました。


2年秋の新チームからは副主将に就任するとともに、ファーストレギュラーを獲得します。

打順は主に5番を打ち、神奈川県1位で出場した秋の関東大会では6打数2安打2打点、2犠打の成績でベスト8入りに貢献しました。

高校の同期のチームメイトには石田隼都投手、金城龍輝投手、主将の大塚瑠晏選手らがいます。

石田隼都投手についてはこちらを→石田隼都(東海大相模)はドラフト候補のピッチャー!父や出身中学は?進路や球速球種は?

大塚瑠晏選手についてはこちらを→大塚瑠晏(東海大相模)は主将でドラフト候補のショート!出身中学や進路は?名前の読みは?

門馬功のプレースタイル

門馬功選手身長172cm体重74kgのがっしりした体格の内野手です。

一発長打は少ないものの堅実な打撃が持ち味。

送りバントなどの小技も確実に決めます。

門馬功の進路

門馬功選手はまだ高校卒業後の進路に関しては明らかにされていません。

ただ、も通った系列の東海大学への進学有力と言われていますね。

門馬功選手進路に関して何か分かりましたら、改めて追記させていただきます。

門馬功のまとめ

門馬功選手お兄さんの時代から7年間続いた門馬一家親子鷹での甲子園への挑戦はついに今年で最後です。

すでにセンバツ出場は決めています。

あとは、日本一という最高の結果で締めくくってほしいですね!

よろしければ、こちらもどうぞ↓
2021年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2021年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/野手(打者)編!日程も!