野球

伊藤樹(仙台育英)は秋田出身のドラフト候補ピッチャー!名前の読みや進路は?球速球種は?

伊藤樹 仙台育英

仙台育英ドラフト候補伊藤樹投手。

高校トップレベルの質の良いストレートと変化球を持つプロ注目のピッチャーです。

名前の「伊藤樹」「いとう たつき」と読みます。

おもわず「樹」のほうは「いつき」とよんでみたくなりますが、「たつき」なんですね。

早くから “スーパー中学生”“スーパー1年生”と呼ばれて、話題になっていましたが、
その後も順調に成長し、2年秋にはエースとして宮城県大会優勝を達成してます。

伊藤樹のプロフィール

名前:伊藤 樹(いとう たつき)
生年月日:2003年8月24日
出身:秋田県大仙市
身長:176cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親、兄
経歴:美郷町立仙南東小学校→秀光中等教育学校→仙台育英高校

伊藤樹の小中学時代

伊藤樹投手小学2年生から、仙南東スポ―ツ少年団で野球を始めました。

当時のポジションはキャッチャー。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、楽天ジュニア入りを果たしています。

楽天ジュニアでは中学、高校とチームメイトになる笹倉世凪投手とバッテリーを組んで、NPB12球団トーナメントに出場しました。

伊藤樹の中学時代

小学校卒業後は、宮城県にある秀光中等教育学校に進学。

秀光中等教育学校仙台育英系列の中学校ですね。

中学では1年春からベンチ入り。

1年秋からピッチャーに転向すると、2年生の秋頃から急に球速が上がっていき、3年時には144km/hを記録するまでになります。

 

中学軟式140km/h超はかなりすごいですね!

3年夏には笹倉投手とともにチームを引っ張り、全国中学校軟式野球大会準優勝を経験しました。

伊藤樹の高校時代

仙台育英では1年春から背番号11ベンチ入り。

1年生ながら全11試合中6試合(先発2、リリーフ4)に登板し、春の宮城県大会優勝&東北大会ベスト4に貢献しました。

1年夏の宮城県大会では背番号18を付け、4試合に登板。

合計7回1/3を投げ、被安打2、奪三振9という好成績で、優勝を達成しました。

甲子園では1回戦飯山戦リリーフで登板し、2回1奪三振無失点に抑えています。


準々決勝星稜戦では先発に抜擢!

しかし、今井秀輔選手に満塁ホームランを打たれるなど、2回途中5失点で降板。

チームも1対17で大敗を喫しています。

今井秀輔選手についてはこちらを→今井秀輔(星稜)は松井秀喜に憧れる強打のドラフト候補!満塁に強すぎる!

1年秋には宮城県大会優勝、東北大会優勝!

その後、新型コロナウイルスによるセンバツ中止練習自粛を経験します。

2年夏の宮城県独自大会は、3年生だけで出場のため登板はなし。


2年夏の甲子園交流試合では2/3イニングに登板。

7回表一死2塁のピンチにマウンドに上がると、先頭打者にフォアボールを与えたものの、後続を2者連続の三振に抑えています。

2年秋の新チームからは背番号1を付け、宮城県大会優勝を達成しました。

高校の同期のチームメイトには笹倉世凪投手、木村航大選手、渡邉旭選手、吉野蓮選手らがいます。

笹倉世凪投手についてはこちらを→笹倉世凪(仙台育英)はドラフト注目のピッチャー!現在は退部退学?理由は不祥事?

木村航大選手についてはこちらを→木村航大(仙台育英)は強打のキャッチャー!41年ぶりの大記録とは?

渡邉旭選手についてはこちらを→渡邉旭(仙台育英)の小学/中学校や身長や体重は?兄もいわきボーイズ出身!

伊藤樹のプレースタイル

伊藤樹投手は中学時代から注目されてきた本格派のピッチャーです。

ストレート最速147km/h。

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットなど。

球速に注目されることが多い伊藤樹投手ですが、実は変化球の方が得意で、打者に的を絞らせないピッチングが持ち味です。

同じようなピッチングスタイルの日本ハムの金子弌大投手を意識しているとのこと。

ちなみに伊藤樹投手顔も金子投手に似ていると言われることがあるそうです。

伊藤樹の進路

伊藤樹投手はまだ2年生ということもあり、まだ高校卒業後の進路に関してはあきらかにされていません。

しかし、以前インタビューで
「将来の夢は?」
と言う質問に対して
「プロ野球選手になることが夢で、目標は15年以上活躍できる投手になりたいと思います。プロに入ることはその過程であって、それを成し遂げるために様々な努力を積み重ねて、15年以上プロで活躍する投手になることが目標です」
と答えています。

やはり少しでも長くプロでプレーするためにも高卒でのプロ入りが有力ではないでしょうか。

伊藤樹のスカウト評価

巨人・長谷川国利スカウト部長
「伊藤もバランスがよくて、腕の振りがしなやか。楽しみですね」「仙台育英の左腕・笹倉と右腕・伊藤は野球センスが高い」

伊藤樹のまとめ

今年の仙台育英甲子園でも優勝が狙えるチームと言われています。

チームメイトには伊藤樹投手以外にも好投手がいっぱいです。

それでも、日本一を達成するにはエースの伊藤樹投手の活躍が鍵になってくるでしょう。

甲子園の優勝投手の肩書を手にして、プロに進んでいってほしいですね!