大学野球

福田光輝(法政大)は大阪桐蔭出身のドラフト候補!元ヤンキー?

法政大学のドラフト候補・福田光輝選手。
中学、高校、大学と名門チームで主将を務めてきたショートです。
主将を務めるぐらいですから、真面目な優等生タイプと思いきや、元ヤンキー?との噂もあります。
今回はそのあたりについても調べてみました。

プロフィール

名前:福田 光輝(ふくだ こうき)
生年月日:1997年11月16日
出身:大阪府大阪市
身長:176cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート、サード
経歴:大阪市立新東淀中学校→大阪桐蔭高校→法政大学

小中学時代

福田選手はお兄さんの影響で小学3年生から野球を始めました。
中学時代は「大阪東淀川ボーイズ」でプレー。
中学3年生の時にはショートを守り、主将として日本一を経験しています。

高校時代

中学卒業後は大阪桐蔭高校に進学。
1年夏から背番号17でベンチ入り。
チームが大阪大会を制すると、続く甲子園では初戦の日本文理戦で、代打で1打席だけ出場。
日本文理の飯塚悟史投手(現・横浜DeNA)からフォアーボールを選んでいます。
1年秋からは早くもショートのレギュラーを獲得。

2年夏の大阪大会で優勝して、甲子園に進むと全6試合に8番ショートで出場。
準々決勝までの4試合は13打数0安打と不振に苦しみましたが、準決勝以降は7打数3安打と活躍し、2年ぶりの日本一に貢献しました。

2年秋の新チームから主将に就任します。
2年秋の大阪大会優勝、近畿大会ではベスト8に進出。
翌春のセンバツでは13打数3安打2打点の成績でベスト4入り
準々決勝では大学でチームメイトとなる常総学園の好投手・鈴木昭汰投手からホームランを放っています。
3年夏の大阪大会では16打数6安打、打率.375の好成績を残しましたが、準々決勝で優勝した大阪偕星に2対3で敗れ、3季連続の甲子園出場はなりませんでした。

高校の同期のチームメイトには青柳昴樹選手(現・横浜DeNA)、田中誠也投手(現・立教大学)、藤井健平(現・東海大学)らがいました。
田中誠也投手(立教大学)→田中誠也(立教大)ドラフト候補は大阪桐蔭出身!中学や身長も!
藤井健平(東海大学)についてはこちらを→藤井健平(東海大)ドラフト候補は強肩が魅力!中学や身長は?大阪桐蔭出身!

大学時代

高校卒業後は、法政大学に進学します。
大学では1年春からベンチ入り。
2年春から主にサードとして試合に出場。
4年時には中学、高校に続いて主将を任されます。
4年春のリーグ戦から本職のショートに回ると、48打数17安打13打点2本塁打の大活躍!
特に東大2回戦ではリーグ記録にあと1と迫る7打点を記録しました。

大学の同期のチームメイトには内沢航大投手、安本竜二選手、宇草孔基選手、舩曳海選手らがいます。
安本竜二選手についてはこちらを→安本竜二(法政大)ドラフト候補の中学高校や身長体重は?パンチ力が魅力!
宇草孔基選手についてはこちらを→宇草孔基(法政大)ドラフト候補の出身中学高校は?俊足が魅力!
舩曳海選手についてはこちらを→舩曳海(法政大)がイケメン!ドラフト評価や叔父/兄は?中学高校も!

プレースタイル

福田選手は野球センスに優れたプロ注目のショートです。
ショートの守備では一歩目の反応が速く広い守備範囲を誇ります。
バッティングではフルスイングが魅力の中距離バッタータイプです。
高校通算16本塁打、大学通算3本塁打を記録しています。
50m6秒4。
遠投120m。

ヤンキー?

中学、高校、大学と名門チームでキャプテンを務めている福田選手ですが、意外なことに昔ヤンキーだったという噂があります。
こちらは中学の卒業式での写真です。

 

また、立教大学の田中誠也投手(高校の同級生)との対談では

福田:高校の寮で、最初の同部屋でした。初めて見た時、ちっさい身体やなーって思った。
田中:光輝はまじでヤンキー。いじるなって言われてたのに、一人だけ眉毛キャンキャンやった笑

【立法戦直前特別対談①】大阪桐蔭高校編

ヤンキーだったというのは事実みたいですね。
でも、昔の話ですし、意外とプロに行く人にはこういうタイプが多い気がします。

 

まとめ

昔はやんちゃしていた時期もあったかもしれませんが、現在は立派な主将です。
ぜひ、高校、大学時代の仲間たちとともにプロ入りを果たしてほしですね。