社会人野球

飯田晴海(日本製鉄鹿島)指名漏れをバネに成長!ドラフト候補は弟も凄い

常総学院、東洋大学と名門校でエースとして活躍してきた飯田晴海投手。
高校時代には松井裕樹投手(現・楽天)らとともに日本代表に選ばれるなど早くから注目を集めてきたピッチャーです。
しかし、大学卒業時にプロ志望届を提出するも、まさかの指名漏れに終わります。
その後、2年後のプロ入りを目指して日本製鉄鹿島に入社。
ストレートの最速を更新するなど成長を続けています。

プロフィール

名前:飯田 晴海(いいだ はるみ)
生年月日:1995年8月30日
出身:茨城県稲敷郡茎崎町(現つくば市)
身長:175cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:つくば市立茎崎第一小学校→つくば市立高崎中学校→常総学院→東洋大学→日本製鉄鹿島

飯田投手は小学1年生から「茎崎ファイターズ」で軟式野球を始めました。
小学5・6年時にはエースとして県内無敵を誇り、全国大会に出場しています。

中学時代は、軟式野球部に所属。
中学3年の夏には県南選抜として、全国大会優勝を達成します!
また、秋にはオール茨城の一員としてKボール全国大会に出場し、こちらも全国優勝を達成しました。

高校時代

中学卒業後は、常総学院に進学します。
高校では1年生の秋から控え投手としてベンチ入り
甲子園には、2年夏、3年春、3年夏3度出場しています。
3年夏はエースとして3戦連続完投勝ちを収め、準々決勝に進出。
準々決勝では、その年日本一になった前橋育英と対戦します。
高橋光成投手(現・西武)と投げ合い、8回まで無失点に抑え、2点リードで勝利目前まで行きましたが、9回に足をつって降板
そこからチームは逆転負けを喫しました。

大会終了後には、高校日本代表に選ばれ、松井投手、森友哉選手(現・西武)、上林誠知(現・ソフトバンク)らとともにU-18ワールドカップに出場。
先発として2試合に登板し、準優勝に貢献しました。
高校の同期のチームメイトには内田靖人選手(現・楽天)らがいました。

大学時代

高校卒業後は、東洋大学に進学します。
大学では1年春からリーグ戦に登板。
大学2年生の時に右肩のクリーニング手術を受け、約1年間のリハビリとなり登板できず。
復活した4年生ではエース兼主将としてチームを引っ張ります。
4年春のリーグ戦では、4勝1敗、防御率1.64と素晴らしい成績を挙げ、チームを優勝に導きました。
個人でもMVP、最優秀投手、ベストナインなどを受賞しています。

4年秋には、プロ志望届を提出
しかし、結果はまさかの指名漏れに終わり、日本製鉄鹿島に入社しました。

社会人時代

社会人では1年目から主力として活躍。
1年目秋の社会人野球日本選手権では、リリーフとして登板すると、自己最速を更新する149km/hを計測しています。

プレースタイル

飯田投手は身長175cmとそれほど上背はないものの、コントロールが良く安定感のあるピッチャーです。
ストレートの最速は149km/h
カーブ・スライダー・カットボール・シュート・フォーク・チェンジアップ・ツーシームなど多彩な変化球を操ります。
フィールディング、牽制なども上手く、ピッチャーに必要とされる技術は全て備えています。
遠投100m。

スカウトの評価

日本ハム・今成泰章スカウト
「自滅しないしセンスがある」
日本ハム・山田スカウト顧問
「カーブで緩急をつけられる」

飯田投手には2人の弟がおり、6歳下の弟・飯田元希選手はつくば秀英高校
5歳下の弟・飯田徹選手は、兄と同じ常総学院と、どちらも茨城県にある高校野球の名門チームでプレーしています。
飯田元希選手についてはあまり情報がありませんが、
飯田徹選手の方は、中学時代に茨城県選抜としてプレーしたこともあるかなりすごいピッチャーなのだそうです。
2人の弟についてもこれから注目ですね!

まとめ

大学時代に指名漏れを経験した飯田投手ですが、社会人でさらに成長しており、今年は指名ありそうです。
プロでは1年目から、即戦力としての活躍が期待されます。

関連記事

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)