アーカイブ:2018年 8月

  1. 日本代表に初選出されたサンフレッチェ広島の佐々木翔選手。 2015年から2017年まで、当時広島の監督を務めていた森保一日本代表監督の下でプレーしていて、「森保監督の秘蔵っ子」と言われている選手です。 今シーズンは、ここまで(8/30時…

  2. 中学生の硬式野球の日本一を決める「全日本中学野球選手権ジャイアンツカップ」。 今年、ジャイアンツカップを制した「大淀ボーイズ」のエースが、女性の島野愛友利さんということで話題になっています。 最近では、中学生でも全国大会レベルになると1…

  3. 大阪府在住の16歳・結城海斗投手が、メジャリーグのカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結びました! これまで、高校卒業後や高校中退してメジャーを目指す選手はいましたが、中学卒業後に直接MLB入りというのは、日本人初のケースです。 …

  4. 8月21日、100回大会の夏の全国高校野球は甲子園球場で決勝が行われ、北大阪代表の大阪桐蔭高校が秋田の金足農業に13対2で勝ち、史上初となる2回目の春夏連覇を達成しました! 大阪桐蔭は1回に6番 石川瑞貴選手の2点タイムリーヒットなど…

  5. 創成館高校は、この一年間で唯一、公式戦で大阪桐蔭を破った高校です。 その創成館で、キャプテンを務めていたのが、峯圭汰選手でした。 そして今回、U-18日本代表に選出されています。 どのような選手なのか、情報をまとめてみました。 …

  6. 史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭。 喜びもつかの間、早くも新チームとして動き出しています。 新生・大阪桐蔭をキャプテンとして引っ張るのが、中野波来選手です! 新しい大阪桐蔭がどんなチームになるのかも楽しみですが、中野選手…

  7. 史上初・2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭高校。 プレーする選手たちの努力は当然のことですが、その歴史的快挙の裏には「データ班」の存在がありました。 そのうちの一人が、記録員としてベンチ入りしていた3年生の小谷優宇さんです。 中学時代…

  8. 甲子園もついに終わってしまいましたが、100回大会の今回、本当にたくさんのドラマがありましたね! やはり一番注目されたのが金足農業高校の吉田輝星投手! →吉田輝星プロフィール! 残念ながら決勝で大阪桐蔭相手に2-13で敗れてしまいまし…

  9. 史上初の2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の西谷浩一監督。 今回の優勝で、春夏通算7度目の全国制覇を達成となりました。 これは、元PL学園の中村順司監督を抜き歴代最多です。 間違いなく現在の日本の高校野球の中で一番の名将と言えますね。…

  10. 第100回大会の甲子園では、惜しくも準優勝に終わった秋田・金足農業。 勝ったのは大阪桐蔭かも知れませんが、この夏一番、感動を与えてくれたのは金足農業だったような気がします。 その金足農業の4番を打っていたのが、打川和輝選手です。 …

RETURN TOP

アーカイブ