ゴルフ

金谷拓実(ゴルフ)の父親は多一郎?高校や身長は?帽子とは?

4月11日に米ジョージア州オーガスタナショナルGCで開幕するマスターズ
日本からは松山英樹選手小平智選手今平周吾選手、そしてアマチュアから金谷拓実選手が出場します。
金谷選手は、2012年の松山選手以来の日本人アマとしての出場です。
これはかなり凄いですよね!

しかも、金谷選手は現在、東北福祉大の3年生で、松山選手は同大学のOB
まさか松山選手以来の日本人アマが出場が、後輩になるなんて先輩も考えてなかったことでしょうね。
マスターズでどんなプレーを見せてくれるのか、すごく楽しみです!

プロフィール


名前:金谷 拓実(かなや たくみ)
生年月日:1998年5月23日
出身地:広島県呉市
身長:172cm
体重:73kg
血液型:O型
家族:両親、兄
経歴:呉市立昭和北中学→広島国際学院高→東北福祉大学

 

父親は金谷多一郎?

ゴルフを始めたのは5歳の時です。
きっかけはわかりませんが、
「なんか楽しそう!」
と思ったんだそうです。
5歳という年齢を考えると、親がゴルフ好きで、その影響でしょうか?

親というと、『父親』について気になっている方が多いようですね。
おそらく、プロゴルファーの金谷多一郎選手の息子ではないか?」と思われているのでしょう。
結論をいうと、親子ではありません。
そもそも、金谷拓実選手は「金谷(かなや)」で、金谷多一郎選手は「金谷(かねたに)」と、読み方が違います

 

最年少記録を更新!

高校2年生に時に出場した、2015年日本アマチュア選手権を、17歳51日の大会史上最年少で優勝しています。
さらに同じ年、日本オープンで11位の成績を残しているのですが、これも大会史上最年少でのローアマ獲得でした。
※ローアマ:プロゴルフのオープン大会に参加したアマチュア選手のうち、最も成績が良かった選手のこと。

その後も、

2016年 全国高校ゴルフ選手権 優勝
2017年 日本オープン 2位
2018年 世界アマゴルフチーム選手権 2位
2018年 アジア・パシフィック・アマチュア選手権 優勝

と素晴らしい成績を残しています。

 

韓国籍?

ネットでは「韓国籍ではないか?」という噂が流れているようですね。
調べましたが、韓国籍だと決めつけるような理由も情報もありませんでした。

 

帽子とは?

『帽子』で検索している人が多いようですね。
なんでかな? と思ったら、どうやら『帽子のつばを鋭角に曲げている』ということが気にされているようです。


確かに、あまり見かけませんね。

このように曲げている理由はわかりませんでした。
おそらくは金谷選手の好みの問題だと思います。

プロになってスポンサーがつくと、「曲げないで」と言われることもあるようですので、このような帽子でプレーしている姿が見られるのも今のうちかもしれませんね。

 

マスターズ出場

アジア・パシフィック・アマチュア選手権で優勝したことで、マスターズに出場できることになりました。
同大会の優勝者には、マスターズと全英オープンの出場権が与えられます。

金谷選手はマスターズに向けて、
「まずは予選を通過。そのための準備はしてきたので、松山さんのようにベストアマを取れたら」
と話しています。

その目標に向けて、1月に出場したソニー・オープン(米ハワイ)の際に、松山選手から
「飛距離がないと厳しいぞ」
と具体的なアドバイスを受けたそうです。
帰国後はウェートトレーニングなどで筋力アップを図り、昨秋は280ヤードほどだったドライバー飛距離も、
「10ヤードくらいは伸びている」
そうです。

これはもう、マスターズでの活躍を期待しちゃいますね!

 

関連記事