陸上

藤田敦史(駒澤大)の結婚した嫁や貧血は?妹についても!

悲願の大学駅伝三冠を達成した大八木弘明監督が勇退を発表されました!

その大八木監督の後を継ぎ、監督に就任する予定なのがヘッドコーチを務めている藤田敦史さんです。

藤田敦史さん駒澤大学のOBで、マラソンの元日本記録保持者でもあります。

今回はそんな藤田敦史さん経歴結婚などについて調べてみました。

藤田敦史のプロフィール

名前:藤田 敦史(ふじた あつし)
生年月日:1976年11月5日
出身:福島県白河市(旧:西白河郡東村)
身長:166cm
体重:52kg
経歴:東村立東小中学校→福島県立清陵情報高等学校→駒澤大学→富士通

藤田敦史の中学高校時代

中学時代藤田敦史さんテニス部に所属していました。

中学2年の時に校内マラソン大会で3位になり、その後出場した駅伝大会で区間賞を獲ったことがきっかけで、高校に進学してから本格的に陸上を始めています。

しかし、高校時代の藤田敦史さんインターハイ全国高校駅伝への出場はなく、大学に入る頃には自信をなくしていたそうです。

藤田敦史の大学時代

駒澤大学に進学後は、当時コーチだった大八木弘明監督の指導で急激に力を伸ばしていきます。

3年4年時には日本インカレハーフマラソン連覇!

箱根駅伝1年生から出場し1区2位2区7位2区2位4区1位と好成績を残しています。

チームのエースとして4年時には全日本大学駅伝優勝箱根駅伝総合2位に貢献しました。

藤田敦史の実業団時代

大学卒業後は富士通入社

入社1年目1999年8月に行われた世界選手権セビリア大会ではマラソン6位入賞を果たしています。

2000年元旦全日本実業団駅伝ではアンカーを務め、富士通の初優勝に貢献!

さらに同年12月福岡国際マラソンでは、3度目のマラソンで念願の初優勝!

その時の2時間06分51秒は当時の日本男子最高記録でした。

藤田敦史の指導者時代

2013年現役を引退した後は、富士通陸上競技部長距離コーチに就任。

その後、大八木監督からの誘いを受け、2015年4月から母校・駒澤大学コーチに就任しています。

藤田敦史と貧血

藤田敦史さんは現役時代、貧血に悩まされていました。

高校時代に記録が伸びなかったのも貧血のせいだったようです。

そんな藤田敦史さんを救ったのは大八木監督でした。

藤田敦史さんの不調の原因は貧血ではないかと見抜いた大八木監督は
「貧血だから病院に行ってみろ」
と声をかけ、血液検査を受けさせます。

すると、ヘモグロビン値が異常に低いことがわかりました。

この時の事を藤田敦史さん
「魔法にかけられた感じだった。この人は凄いと思った」
と話されていますね。

その後は、食事などに気をつけていくうちに、症状は徐々に改善されていったそうです。

マッサージなどの治療とともに、栄養面に気を使った。練習直後にタンパク質を摂ったり、鉄分補給のサプリメントを使用。「あれだけ悩まされた貧血が改善された」と言う。

藤田敦史の成長は、貧血との戦いでもあった

藤田敦史の結婚と嫁

藤田敦史さん2018年ごろに結婚されています。

奥さん一般人のようで、職業年齢などはわかっていません。


藤田敦史さん奥さんについては何か詳しいことがわかりましたら、改めて追記させていただきますね。

藤田敦史の妹

藤田敦史さんには妹が2人います。

そのうち10歳下の妹は藤田明日佳さんといい、ASUKA名義で歌手活動されていました。

2011年11月6日には、ロンドンオリンピックを目指すマラソン選手の兄・藤田敦史さんへの応援ソング・『一歩ずつ』を発表されています。

藤田敦史のまとめ

コーチ就任後の駒澤大学の成績を見る限り、藤田敦史さん指導力には何の不安もありません。

大八木監督も安心して後を託せることができるでしょう。

唯一の不安点はこれまで、大八木監督の奥さんである大八木京子さんが支えてきた寮の食事です。

大八木京子さんも寮母を辞めることになると思いますので、これからは誰が料理をされるのでしょうかね?