バスケ

湧川颯斗(福岡大大濠)の出身中学や進路は?弟もすごい?怪我についても!

福岡大大濠バスケットボール部湧川颯斗選手

「湧川颯斗」名前の読み方“わくがわはやと”

昨年のウインターカップでは2年生ながらベスト5に選ばれる活躍で、日本一に貢献していました。

高校3年生の今年はゲームキャプテンを務め、2年連続日本一を目指しています。

湧川颯斗のプロフィール

名前:湧川 颯斗(わくがわ はやと)
出身:広島県
身長:194cm
体重:73kg
ポジション:スモールフォワード兼ポイントガード
経歴:広島市立古田中学校→福岡大大濠高校

湧川颯斗の小中学時代

湧川颯斗選手小学2年生からバスケットを始めています。

小学生の頃から背が高く、6年時には全国制覇を達成!

さらに中学生でも全中準優勝を経験しています。

そして、中学卒業後は福岡大大濠進学しました。

湧川颯斗の高校時代

福岡大大濠でも1年生からスタメンの座を獲得します。

1年冬ウインターカップ3回戦敗退

2年夏インターハイベスト4

2年冬ウインターカップではベスト5に選ばれる活躍で、優勝に貢献しました。


ウインターカップ後1月には足首を捻挫してしまい、約3か月のリハビリを経験。

復帰後は将来を見据え、それまでのスモールフォワードからポイントガード転向しています。

湧川颯斗の弟・湧川裕斗

湧川颯斗選手2学年下の弟は同じ福岡大大濠に所属する湧川裕斗(ひろと)選手です。

身長181cmポイントガードである湧川裕斗選手は、中学時代には広島ドラゴンフライズ U15に所属。

B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2022に出場するなど全国大会でも活躍していました。


すでに福岡大大濠でも1年生からベンチ入りを果たしており、今後が楽しみな選手です。

湧川颯斗の進路

湧川颯斗選手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

将来の夢については
「将来の夢は日本代表のポイントガードとしてオリンピックで活躍することです。日本代表選手になるために、できることならヨーロッパでプレーしたいです」
と話されていますね。

湧川颯斗のまとめ

昨年のウインターカップでは日本一を達成した福岡大大濠ですが、今年は福岡第一に敗れ、インターハイ出場を逃しています。

さらにウインターカップ出場は決めたものの、県予選決勝では再び福岡第一に敗れていました。

高校最後のウインターカップでは湧川颯斗選手ゲームキャプテンとしてチームを引っ張り、ライバルの福岡第一を倒して、2年連続の日本一を達成してほしいですね!