野球

田中智貴(慶應大)が住居侵入容疑で逮捕起訴!進路や出身高校は?

慶應義塾大学ドラフト候補田中智貴投手が、学生寮の女子学生の部屋に無断で侵入し、逮捕されるという残念な事件が報道されています。

田中智貴投手は大学では法学部法律学科に通う文武両道エリートピッチャーです。

どうしてこんなことをしてしまったのでしょうか?

今回は田中智貴投手起こした事件経歴などについてまとめてみました。

田中智貴のプロフィール

名前:田中 智貴(たなか ともき)
生年月日:2007年7月25日
出身:東京都
身長:177cm
体重:77kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:慶應義塾高校→慶應義塾大学

田中智貴の事件

田中智貴投手今年9月、横浜市にある学生寮の女子学生の部屋に無断で侵入したことにより、住居侵入容疑逮捕起訴されています。

慶応大学の野球部員が、学生寮の女子学生の部屋に無断で侵入し逮捕・起訴されていたことがわかった。

慶応大学・野球部員の田中智貴被告(22)は2022年9月、神奈川・横浜市の学生寮で、鍵のかかっていない窓から女子学生の部屋に侵入した疑いで、10月26日に逮捕され、11月15日に起訴された。

この学生寮には田中被告も入居していたという。

FNNプライムオンライン

田中智貴投手が女子寮に侵入した目的についてはわかっていません。

盗難性的暴行が目的でしょうか?

もしかしたら、酔っぱらって間違えたり、侵入した女子寮の学生とは親密だったりした可能性もありますね。

事件の詳細については何かわかりましたら、改めて追記させていただきます。

田中智貴の小中学時代

田中智貴投手は野球を始める前は剣道5年間されていました。

そして、小学3年生から、チームワークを学ぶためにという理由で野球を始めます。

中学時代世田谷南ボーイズに所属。

中学2年時には2度全国大会に出場しているほか、
3年時には鶴岡一人記念大会に出場する東日本ブロック代表に選ばれています。

田中智貴の高校時代

中学卒業後は難関入試を突破して、慶應義塾高校進学

高校では同級生の生井惇己投手、下山悠介選手らの活躍もあり、3年春2季連続甲子園出場を果たしています。

しかし、田中智貴投手春夏ともに甲子園ではベンチ外でした。

田中智貴の大学時代

高校卒業後は、慶應義塾大学法学部法律学科に内部進学。


大学では4年間で3度のリーグ優勝3年春に日本一を経験しています。

ただし、田中智貴投手は大学ではオープン戦や練習試合での登板はあるものの、リーグ戦での登板は0に終わっています。

田中智貴の進路

今月(2022年11月)の14日に慶應義塾大学野球部4年生の進路を発表されています。

同級生がプロ野球有名企業に進む中、田中智貴投手の進路「非公表」となっていました。

慶應義塾大学 野球部 進路
その頃には田中智貴投手逮捕されていましたので、もしかしたら、一度は就職も決まっていたのが、内定取り消しになってしまったのかもしれませんね。

田中智貴のまとめ

今回の事件に関して田中智貴投手容疑を否認しているとの情報もありますので、まだ何とも言えませんが、軽率な行動だったことには間違いないでしょう。

慶應義塾大学の野球部では昨年も鶴岡嵩大選手が、持続化給付金だまし取った疑い逮捕されています。

これ以上、不祥事が続かないでほしいですね。

鶴岡嵩大選手についてはこちらを→鶴岡嵩大(慶應大学)は桐蔭学園出身のキャッチャー!給付金詐欺で逮捕?進路や成績は?