野球

茨木秀俊(帝京長岡)はドラフト注目!弟もすごい?出身中学や球速球種は?

帝京長岡高校ドラフト候補茨木秀俊投手

甲子園出場はありませんが、スカウトからも将来性を高く評価されているピッチャーです。

元プロ野球選手の芝草宇宙監督の指導を受けるために北海道から新潟にやってきて、高卒でのプロ入りを目指しています。

茨木秀俊のプロフィール

名前:茨木 秀俊(いばらぎ ひでとし)
生年月日:2004年6月8日
出身:北海道札幌市
身長:184cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:札幌市立手稲中央小学校→札幌市立手稲中学校→帝京長岡高校

茨木秀俊の小中学時代

茨木秀俊投手北海道に住む・幸雄さんと・豊味さんの間に生まれました。

小学2年生から手稲ヤングスターズで野球を始め、3年生からピッチャー。

中学時代札幌東シニアに所属。

中学2年冬には北海道選抜として台湾遠征に参加しているほか、
3年時には全国選抜大会に出場しています。

茨木秀俊の高校時代

中学卒業後は
「芝草監督の指導を受けたい」
新潟県にある帝京長岡高校進学

高校では1年夏新潟県独自大会からベンチ入り

初戦加農高校戦では先発として公式戦デビューを飾っています。

2年春からはエースの座を獲得。

2年夏新潟県大会4回戦日本文理高校と対戦し、7回7失点3対8で敗戦。

2年秋には新潟県大会3位に入り、3年ぶり北信越大会進出に貢献しました。

北信越大会では初戦松商学園戦8回3失点の粘投を見せましたが、2対3で惜しくも敗れています。

3年夏新潟県大会は、全6試合中5試合先発し、防御率0.68の大活躍で決勝まで進出!

日本文理高校との決勝ではプロ注目の田中晴也投手と投げ合いますが、延長11回1対2サヨナラで敗れ、甲子園出場はなりませんでした。


田中晴也投手についてはこちらを→日本文理の暴力いじめ不祥事が田中晴也のドラフトに影響?出身中学や進路は?

茨木秀俊の弟・茨木佑太

茨木秀俊投手2学年下は、同じ帝京長岡高校に所属している茨木佑太投手です。

身長187cm体重85kgの恵まれた体格を持ち、が抜けた今年(2022年)の秋からは1年生ながら背番号1を背負っています。

佑太投手も高卒でプロ入りが狙えるピッチャーで、これからの活躍に注目です!

茨木秀俊のプレースタイル

茨木秀俊投手最速147km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。

変化球スライダーカーブチェンジアップなど。

現役引退後には日本ハムでスカウトを務めていた帝京長岡高校の芝草宇宙監督も
「手足が長くて、身体能力が高い。何をやらせても一級品ですから。僕がスカウトなら、素材を評価して獲りたいですね。大きく化ける可能性は十分にありますから」
と高く評価されています。

目標とする選手はソフトバンク千賀滉大投手、オリックス山本由伸投手。

茨木秀俊の進路

茨木秀俊投手はすでにプロ志望届提出済です。

茨木秀俊のスカウト評価

中日・松永幸男スカウト部長
「ストレートだけでなく、スライダーもいいものを持っています。足もあり、身体能力の高さも感じます」

茨木秀俊のまとめ

茨木秀俊投手はプロ入りすれば、3、4年後にはローテションを任されるピッチャーになってくれそうです。

できれば地元北海道日本ハムに入団してほしいですね!