野球

ポールオニエゴ(山梨学院大)はケニア出身の留学生!進路や成績は?

山梨学院大学ポール・オニエゴ選手

普通、大学駅伝留学生というとプロ野球の助っ人外国人のように1年目から主力としての活躍が期待されるもです。

しかし、ポール・オニエゴ選手は日本にやってきた当初、日本の高校生レベルの走りしかできませんでした。

それでも、懸命な努力の結果、3年時箱根駅伝では4区で区間賞を獲得するまでに成長を果たしています。

ポール・オニエゴのプロフィール

名前:ポール・オニエゴ
生年月日:1999年6月21日
出身:ケニア・キシィ
身長:165cm
体重:49kg
経歴:モゴンガ高校→山梨学院大学

ポール・オニエゴの大学時代

ケニア・キシィ出身ポール・オニエゴ選手2018年に来日し、山梨学院大学入学しています。

日本にやってきた頃のポール・オニエゴ選手は日本の高校生レベルのタイムしか出せなかったそうです。

一方のオニエゴの日本デビュー戦は18年4月、東海大長距離競技会だった。5000メートルに出場し、14分36秒35を要した。日本の高校生レベルのタイムだった。

「とんでもなく弱い留学生がやって来た」と私は衝撃を覚えた。

日本人高校生レベルだったケニア人留学生オニエゴが1万メートル27分台をマーク 最後の箱根路で雄姿を見たい


1年時箱根駅伝では、予選会本戦ともに出番なし

2年時予選会でも出番なし

しかもチームは予選会で17位と大敗し、初出場から33年続いた箱根駅伝の連続出場が途切れてしまいました。

ポール・オニエゴ選手3年生になって初めて予選会に出場。

チームトップ(全体19位)の走りで、チームを2年ぶりの箱根駅伝出場に導きます。

続く箱根駅伝本選では4区で出走。

見事、1時間2分15秒の好タイムで区間賞を獲得しました!


さらに4年時関東インカレではハーフマラソン3位

11月の記録会では10000m27分51秒59自己ベストをマークしています。

ポール・オニエゴの進路

ポール・オニエゴ選手大学卒業後の進路はまだわかっていません。

何かわかりましたら、追記させていただきます。

ポール・オニエゴのまとめ

来日した頃は高校生レベルだったポール・オニエゴ選手ですが、大学最後の箱根駅伝ではエース区間の2区を走ることが決まっています。

2区には“史上最強の留学生”と呼ばれる東京国際大学のイエゴン・ヴィンセント選手も出場予定です。

ポール・オニエゴ選手留学生対決を制して、区間賞を獲ったらかなり盛りあがるでしょうね!