野球

栗山大成(横浜)の出身中学や身長体重は?ドラフト注目!

横浜高校ドラフト候補栗山大成選手

小学6年時にはU-12日本代表、中学1年時にはカル・リプケン12歳以下世界少年野球大会日本代表を経験しているスラッガーです。

しかも、日本代表ではいずれも主将を務めており、リーダーシップも抜群です。

本来のポジションはキャッチャーですが、
高校では打力を活かして、まずはファーストとして1年春から試合に出場しています。

栗山大成のプロフィール

名前:栗山 大成(くりやま たいせい)
生年月日:2006年5月22日
出身:熊本県熊本市
身長:173cm
体重:74kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:キャッチャー兼ファースト
経歴:熊本市立龍田中学校→横浜高校

栗山大成の小中学時代

栗山大成選手小学校1年生から熊本中央レッドスターズで野球を始めました。

小学6年時にはU-12日本代表に選ばれ、BFA U-12アジア選手権に出場!

日本代表ではクリーンナップを務めるとともに主将も担い、銅メダル獲得に貢献しました。

栗山大成選手は個人でも大会打点王に輝いていましたね。


中学時代は熊本中央ボーイズに所属。

中学1年時には日本代表としてカル・リプケン世界少年野球大会に出場。

この時も主将を務め、ベスト4入りを果たしています。

所属チームでは1年秋から4番に座り、3年時には春夏連続全国大会に出場。

卒業後は、横浜高校進学しました。

栗山大成のプレースタイル

栗山大成選手は長打力が魅力のキャッチャー兼ファーストです。

ホームランだけでなくコースに逆らわず、広角に強い打球を飛ばせる対応力も兼ね備えています。

中学3年春の時点で中学通算12本塁打を記録。

西武ライオンズや南海ホークスでプレーした経験のある熊本中央ボーイズの大津一洋監督は栗山大成選手について
「中学1年の段階で、周りよりも強く振ることができていました。長打を打てることが彼の持ち味ですが、本塁打だけでなく状況に応じた打撃もできます。最初は少しぽっちゃりした体格でしたが、だんだん体が絞れてきて、速いとまでは言いませんが足も使えるようになりました」
と話されています。

目標とする選手はメジャーリーガーの筒香嘉智選手。

栗山大成のまとめ

栗山大成選手は、熊本出身であること、複数の日本代表で主将を務めていることなど、なんとなく大阪桐蔭の星子天真選手を彷彿とさせる選手です。

星子選手が主将を務めている大阪桐蔭は、今年(2022)のセンバツでは日本一を達成しています。

栗山大成選手も高校3年時には横浜高校主将を務め、甲子園優勝するかもしれませんね!

星子天真選手については詳しくはこちらを→星子天真(大阪桐蔭)は主将でドラフト候補!父兄もすごい?進路や出身中学は?

栗山大成選手以外の2022年の横浜高校に新入生についてはこちらを→2022横浜高校野球部新入生がすごい!出身やポジションは?ドラフト注目!