バスケ

轟瑠維(福岡第一)は兄もすごい?出身中学や進路は?プレースタイルは?

福岡第一バスケットボール部轟瑠維選手

“河村勇輝2世”と呼ばれる高校トップクラスのポイントガードです。

強豪・福岡第一で2年生からレギュラーを務め、日本一を目指しています。

轟瑠維(とどろきるい)のプロフィール

名前:轟 瑠維(とどろき るい)
生年月日:2004年度生まれ
出身:佐賀県
身長:167cm
体重:61kg
ポジション:ポイントガード
経歴:福岡市立宮竹中学校?三陽中学校?→福岡第一高校

轟瑠維(とどろきるい)の小中学時代

轟瑠維選手お兄さんの影響で、幼稚園年長からバスケットボールを始めました。

轟瑠維選手お兄さんについては詳しいことはわかっていませんが、現在は社会人でバスケを続けているそうです。

兄がバスケをやっていた影響ですね。中学まではお父さんが地元の体育館を借りて、バスケを教えてくれたり、兄と1対1をすることがよくありました。最初はとても楽しかったんですが、お父さんの熱気がすごすぎてちょっとウザく感じたりもしました(笑)。兄は今も社会人バスケをやっていて、実家に帰れば1対1をやったりします。家族はここまで支えてくれているので、日本一になって恩返ししたいです。

BASKET COUNT

轟瑠維選手出身中学については福岡市立宮竹中学校と私立の三陽中学校の2つの説があります。

轟瑠維 出身中学

 

轟瑠維 出身中学

──まずは自己紹介からお願いします。

三陽中学校出身の轟です。中学は全国ベスト4、福岡第一では1年生からAチームに入ることができて、2年生になってスタートで出ています。

BASKET COUNT

ただ、本人が、山陽中学出身と言っていること、中学時代に全国大会ベスト4を経験していることから、三陽中学校が正しいようです。

轟瑠維(とどろきるい)の高校時代

中学卒業後は、福岡第一の3学年先輩の河村勇輝選手に憧れ、同校に進学します。

高校では入学直後から河村選手が付けていた背番号8を受け継ぎ、ベンチ入り。

1年夏インターハイ新型コロナウイルスの影響で中止

1年冬ウインターカップ準々決勝で、優勝した仙台大学附属明成61対64で敗れ、ベスト8

2年生からは1学年上の佐藤涼成選手(現・白鴎大学)とともにダブルエースとして活躍しています。

2年夏は予選で福岡大大濠に敗れ、インターハイ出場はなりませんでしたが、
冬のウインターカップではベスト4入りに貢献しました。

轟瑠維(とどろきるい)のプレースタイル

轟瑠維選手身長167cmと小柄ながらも抜群のスピードとテクニックを持ったポイントガードです。

スピードを活かしたドライブスリーポイントなどで得点を量産します。

憧れの選手は横浜ビー・コルセアーズ所属の河村勇輝選手。

轟瑠維(とどろきるい)の進路

轟瑠維選手はまだ高校卒業後の進路に関して明らかにされていません。

轟瑠維選手進路に関しては何かわかりましたら、改めて追記させていただきますね。

轟瑠維(とどろきるい)のまとめ

轟瑠維選手は高校3年生になって初めてインターハイに出場します。

轟瑠維選手がチームを引っ張り、河村勇輝選手がいた2019年以来の日本一を達成してほしいですね!