バスケ

内藤晴樹(仙台大明成)の出身中学や進路は?身長やプレースタイルは?

仙台大学附属明成高校バスケットボール部内藤晴樹選手

18歳以下の日本代表候補にも選ばれている万能型のポイントガードです。

3年生の6月に行われた東北大会決勝では、48得点を挙げる大活躍で、チームを優勝に導いています。

内藤晴樹のプロフィール

名前:内藤 晴樹(ないと はるき)
生年月日:2004年度生まれ
出身:秋田県秋田市
身長:188cm
ポジション:ポイントガード
経歴:秋田市立広面小学校→秋田市立城東中学校→仙台大学附属明成高校

内藤晴樹の小中学時代

内藤晴樹選手お父さんお母さんバスケをやっていたことと、
コービー・ブライアント(元レイカーズ)のプレーを見て、やってみたいと思ったことから、6歳の時にバスケットボールを始めました。

中学時代秋田市立城東中学校バスケットボール部に所属。

また、秋田ノーザンハビネッツU-15でもプレーし、
中学3年時に出場したBリーグU15オールスターではMVPを獲得しています。

内藤晴樹の高校時代

仙台大学附属明成高校に進学後は1年生からベンチ入り

1年冬のウインターカップでは日本一を経験しています。

2年生からは1学年上の山﨑一渉選手(現・ラドフォード大学)と菅野ブルース選手(現・エルスワース・コミュニティカレッジ)が代表活動でチームを離れることが多い中、主軸として活躍!

2年時インターハイウインターカップでは、どちらもベスト4入りに貢献しました。

内藤晴樹のプレースタイル

内藤晴樹選手は得点能力が魅力の大型ポイントガードです。

ゲームメイクに優れているだけではなく、ドライブアウトサイドシュートなどで自らゴールを決めることができます。

仙台大学附属明成高校の佐藤久夫監督も内藤晴樹選手のことを
「超エース」
と評し、絶大な信頼を寄せていますね!

188センチの内藤は3点シュート(3P)5本を含む48得点の大暴れ。佐藤久夫監督は「超エース」と評し、負けん気の強さとチーム随一の練習量のたまものと評価する。

バスケ男子V・明成、県出身2人が躍動! 東北高校選手権

内藤晴樹の進路

内藤晴樹選手はまだ高校卒業後の進路に関しては明らかにされていません。

将来の夢については、Bリーグの選手になりたいと話されていますね。

内藤晴樹選手進路については何かわかりましたら、改めて追記させていただきます。

内藤晴樹のまとめ

全国大会では内藤晴樹選手に厳しいマークがつくことが予想されます。

超エースとして、厳しいマークにも負けずに、チームを日本一に導いてほしいですね!