陸上

2022駒澤大学陸上部(駅伝)の新入生がすごい!出身高校や自己ベストは?

2022年箱根駅伝では惜しくも優勝を逃した駒澤大学陸上部

王者に返り咲くのを目指して、今年も有望な高校生がたくさん入部予定です。

この中には1年生から活躍しそうな選手も何人かいますね!

駒澤大学陸上部の入学予定者

※出身高校/5000mの自己ベスト

佐藤圭汰

洛南高校/13.31.19

1500m・3000m・5000mの高校日本記録保持者。
2021年全国高校駅伝3区・4位。

山川拓馬

上伊那農業高校/14.01.21

マラソンでオリンピック出場を目指す。

陸上長距離の山川拓馬選手(上伊那農高3年)が4月から、大学駅伝の強豪・駒澤大に進学して競技を続ける。高校時代は全国レベルの大会で目立った実績を残せなかったが、将来性を高く評価された。マラソンでオリンピック出場―という大きな夢を抱き、新たなステージに挑戦する。

夢はマラソン五輪代表 上農高の山川選手

山下結

智辯学園奈良カレッジ高校/14.10.63

2021年全国高校駅伝4区・13位

帰山侑大

樹德高校/14.17.91

大和田貴治

田村高校/14.20.79 

幸田礼士

東京農大三高校/14.47.83

桑田泰我

青森山田高校/

2021年全国高校駅伝4区・27位

伊藤蒼唯

出雲工業高校/

森重清龍

高川学園高校/

山口真玄

花輪高校/


その他の新入生についても分かり次第、追記しますね。


駒澤大学のライバル・青山学院大学の新入生についてはこちらを→2022青山学院大学陸上部(駅伝)の新入生がすごい!出身高校や自己ベストは?

中央大学の新入生についてはこちらを→2022中央大学陸上部(駅伝)の新入生がすごい!出身高校や自己ベストは?

東洋大学の新入生についてはこちらを→2022東洋大学陸上部(駅伝)の新入生メンバー!出身高校や自己ベストは?