陸上

2022東洋大学陸上部(駅伝)の新入生メンバー!出身高校や自己ベストは?

箱根駅伝では、ここ10年で3位以内が8回と安定して好成績を残している東洋大学陸上部

昨年は全日本大学駅伝出雲駅伝区間賞を獲得したスーパールーキー・石田洸介選手が入学しています。

今年も今後の東洋大学を担っていきそうな新入生が入部予定です。

特に5000m13分台吉村聡介選手緒方澪那斗選手に注目!

吉村聡介選手はやや安定感にかけるところはありますが、実力はピカイチ!

緒方澪那斗選手は昨年のU-20日本選手権で、高校生で唯一、青学勢に対抗するなど勝負強さがあります。

東洋大学陸上部の入学予定者

※出身高校/5000mの自己ベスト

吉村聡介

豊川高校/13.53.90

全国高校駅伝1区46位。

緒方澪那斗

市立船橋高校/13.54.45

インターハイ5000m10位。

西村真周

自由が丘高校/13.55.92

インターハイ5000m13位。
全国高校駅伝1区16位。

藤宮歩

学法石川高校/14.04.46

全国高校駅伝4区14位。

中学3年時の全中では3000m優勝、1500m準優勝!

網本佳悟

松浦高校/14.12.37

全国高校駅伝1区30位。

岸本遼太郎

高知農業高校/14.16.89

インターハイ5000m出場(棄権)。

全国高校駅伝1区14位。

山下翼

熊本工業高校/14.20.16

稲葉夢斗

那須拓陽高校/14.27.47

栃木県高校総体5000m1位。

大宮大虎

盛岡大付属高校/14.33.43

湯河龍平

西脇工業高校

専門は競歩



青山学院大学の新入生についてはこちらを→2022青山学院大学陸上部(駅伝)の新入生がすごい!出身高校や自己ベストは?

駒澤大学の新入生についてはこちらを→2022駒澤大学陸上部(駅伝)の新入生がすごい!出身高校や自己ベストは?

中央大学の新入生についてはこちらを→2022中央大学陸上部(駅伝)の新入生がすごい!出身高校や自己ベストは?