野球

峯村貴希(日本大)は木更津総合出身のドラフト候補!母もすごい?進路や中学時代は?

峯村貴希 日本大学 木更津総合

日本大学ドラフト候補・峯村貴希選手。

身長187cmのプロ注目の大型ショートです。

木更津総合時代にはレギュラーとして3度甲子園出場!

2年春と夏には2季連続ベスト8入りを果たしています。

日大に進学後は、1年春首位打者を獲得するなど活躍!

3年冬には大学日本代表候補にも選ばれています。

峯村貴希のプロフィール

名前:峯村 貴希(みねむら たかき)
生年月日:1999年4月27日
出身:千葉県成田市
身長:187cm
体重:86kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート
経歴:成田市立公津の杜中学校→木更津総合高校→日本大学

峯村貴希の母

身長187cm峯村貴希選手。

この長身元プロバスケ選手お母さん譲りのようです。

お母さんの詳しい経歴などわかりませんでしたが、現役時代はシューターとして活躍していたと言います。

峯村貴希の小中学時代

峯村貴希選手の影響で幼稚園年長から並木ペイシェンス野球を始めました。

小学校6年の時は全国大会に出場し、ベスト16まで勝ち上がっています。

中学からは名門・佐倉シニアでプレー。

中学3年時には1番・ショートとして活躍し、リトルシニア日本選手権ジャイアンツカップの2つの大会で日本一を達成しました。

峯村貴希の高校時代

中学卒業後は、木更津総合高校進学します。

高校では打撃を活かして、1年春からライトレギュラーを獲得。

1年夏千葉県大会ではサードを守り
20打数6安打9打点、打率.300ホームラン1本の活躍で、ベスト4入りに貢献しました。

2学年上の檜村篤史選手(現・Honda)が抜けた1年秋からは本職のショートに移ります。

檜村篤史選手についてはこちらを→檜村篤史(早稲田大→Honda)ドラフト候補の進路や出身中学高校は?

1年秋には主に1番打者として活躍し、千葉県大会優勝、関東大会優勝を達成しました。

翌春センバツでは全3試合1番・ショートで出場。

11打数2安打0打点の低調な成績ながら、1学年上のエース・早川隆久投手の活躍もあり、ベスト8入りを経験しました。


甲子園には2年夏3年夏にも出場。

2年夏11打数1安打0打点の成績で、春に続いてのベスト8。

3年夏5打数1安打1打点の成績で、初戦敗退でした。

高校の同期のチームメイトには山下輝投手(現・法政大学)らがいました。

山下輝投手についてはこちらを→山下輝(法政大野球部)は木更津総合出身のドラフト候補!怪我や進路は?球速球種は?

峯村貴希の大学時代

高校卒業後は東都2部リーグに所属する日本大学進学します。

大学では1年春からベンチ入り。

1年生ながら主に5番・サードで出場すると、42打数20安打12打点、打率.476の好成績で、首位打者に輝きました。


2年春からはショートを守り、中心選手として活躍を続けています。

3年秋のリーグ戦終了時点で、211打数62安打39打点、打率. 294、ホームラン4本という成績を残しています。

3年冬には新型コロナウイルス影響中止になってしまいましたが、侍ジャパン大学代表候補強化合宿のメンバーにも選ばれていました。


大学の同期のチームメイトには最速152km/hのプロ注目ピッチャー・赤星優志投手らがいます。

峯村貴希のプレースタイル

峯村貴希選手走・攻・守の三拍子がそろった大型ショートです。

積極的なバッティングが持ち味。

日本大学の片岡昭吾監督は、OBの中日・京田陽太選手と比較して
「総合力は互角。ヒットを打つ能力なら峯村が上」
と高く評価しています。

遠投95メートル。

50メートル走6秒0。

峯村貴希の進路

峯村貴希選手は、昨秋のドラフトでは木更津総合で先輩の早川隆久投手がドラフト1位で指名されたことを受け、
「自分も1位指名を目指したい。春の目標は打率4割、4本塁打、15打点」
ドラフト1位でのプロ入りを目標に掲げています。

峯村貴希のまとめ

峯村貴希選手ドラフト1位でプロ入りするためには、4年春1部リーグに昇格し、1部リーグで活躍することが重要になってくると思います。

チームのためにも自分のためにも、まずは4年春のリーグ戦で結果を残してほしいですね!

峯村貴希選手以外の今年のドラフト候補についてはこちらをどうぞ↓
ドラフト候補2021!大学生/社会人(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!大学生/社会人(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(投手)の注目選手は?1位候補や目玉は?

ドラフト候補2021!高校生(野手)の注目選手は?1位候補や目玉は?