大学野球

伊藤裕季也(立正大)ドラフト候補の成績は?出身中学高校も!

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

今年の立正大学には、小郷裕哉選手をはじめ、伊藤裕季也選手や釘宮光希投手、鈴木友也投手など、たくさんのプロ注目の選手がいます。
■小郷選手についてはこちら→小郷裕哉(立正大)ドラフト候補でイケメン!彼女や弟は?中学も!
■釘宮投手についてはこちら→釘宮光希(立正大)ドラフト候補が退部?評価は?出身中学高校も!
■鈴木投手についてはこちら→鈴木友也(立正大)ドラフトはヤクルト希望?高校や球速球種も!

今回はその中から、キャプテンを務めている伊藤裕季也選手について調べてみました。
伊藤選手は、3年春から4番に座る右の強打者です。
立正大学からは唯一、大学日本代表にも選ばれています。

 


名前:伊藤 裕季也(いとう ゆきや)
生年月日:1996年8月30日
出身:三重県四日市
身長:181cm
体重:90kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:一塁手、二塁手
経歴:四日市市立浜田小学校→四日市市立港中学校→日大三高校→立正大学

 

伊藤選手は、12歳から「浜田野球少年団」で野球を始めました。
12歳というのは少し遅めですね。

中学校時代は硬式野球チーム「四日市ボーイズ」でプレー。

 

〇日大三
高校は、東京にある日大三高校に進学。
2年秋から控えとしてベンチ入り。

3年夏の西東京都大会では、主にレフトとして出場。
伊藤選手は、15打数で8安打、打率.533 、ホームラン1本、打点5の好成績を残しました。
チームは準決勝で東海大菅生に敗れ、ベスト4止まりに終わっています。

高校時代のチームメイトに、大学でも一緒にプレーしている釘宮光希投手らがいました。

 

〇立正大
高校卒業後は、立正大学に進学します。

大学では2年春のリーグ戦からファーストでレギュラー。
3年春のリーグ戦から4番としてチームを引っ張ります。
伊藤選手はMVPを獲得する活躍で、チームを優勝に導き、1部昇格を果たしました。

 

○プレースタイル
力強く振り切るスイングから、左右に強い打球を弾き返す右の強打者です。
4年春の東洋大戦では、上茶谷大河投手の144km/hのストレートをライトへホームランを打っています。

ポジションは、大学3年の秋まではファーストで、4年春からはセカンドとしてプレーしています。

 

○データ作り
181cm90kgのガッチリした体格から、パワーだけでホームランを打っているように思える伊藤選手ですが、意外にも?
大学2年秋からは、カウント別の結果などをエクセルに打ち込んで、自らデータ作りをする頭脳派な一面もあります。
自分でデータを作ることで、配球を読んで、しっかり捉えられるようになったそうです。
大学日本代表に選ばれた時のアンケートでも、
アピールポイントとして
「誰よりも頭を使った野球を出来る自信はあります」
と答えています。

 

伊藤選手がプロ志望かどうかは、現時点では公表されていないので分かりません。
しかし、伊藤選手のように自分で考えて行動できる選手は、プロでも成功する可能性が高いタイプだと思いますね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人