ラグビー

李承信(ラグビー)の筋肉がすごい?父母や兄弟は?大学を退学した理由は?

ラグビー日本代表李承信(リ・スンシン)選手

これからの日本代表を支えることが期待されている若きイケメンの司令塔です。

在日韓国人3世李承信選手は、朝鮮学校出身者としては初のラグビー日本代表となっています。

今回はそんな李承信選手家族大学を中退した理由などについて調べてみました。

李承信(りすんしん)のプロフィール

名前:李 承信(り すんしん)
生年月日:2001年1月13日
出身:兵庫県
身長:176cm
体重:88kg
ポジション:スタンドオフ(SO)、センター(CTB)、フルバック(FB)
経歴:大阪朝鮮高校→帝京大学(中退)→コベルコ神戸スティーラーズ

李承信(りすんしん)の父母

李承信選手李東慶(リ・トンギョン)さんラグビー経験者です。

神戸朝鮮高校朝鮮大学プロップとして活躍されていました。

現在親族建設会社経営されています。

李承信選手金永福(キム・ヨンボク)さん李承信選手小学6年生の時に乳がんで亡くなられています。

李承信選手ワールドカップ日本代表メンバー入りは、金永福さんの一つだったそうです。

きっと今回のワールドカップメンバー入りを、天国で喜んでくれているでしょうね。

李承信(りすんしん)の兄弟

李承信選手3人兄弟の末っ子で、2人の兄ラグビー経験者です。

李承信選手4歳上の兄李承記(リ・スンギ)さん大阪朝鮮学校法政大学と同じプロップとしてプレー。

大学4年時グラウンドリーダーも務めていました。


残念ながら、大学まででラグビーを辞められているようです。

現在の職業はわかっていませんが、長男ということもあり、もしかしたら、建設会社を手伝っているのかもしれませんね。


また、李承信選手2歳上の兄三重ホンダヒートに所属している李承爀(リ・スンヒョ)選手です。

ポジションはフッカー(HO)

大阪朝鮮高校卒業後帝京大学を経て、2021年から三重ホンダヒートでプレーされています。

李承信(りすんしん)の退部理由

大阪朝鮮高校時代には高校日本代表に選ばれたこともあり、大学でも1年生からジュニアジャパンのメンバーに選ばれていた李承信選手ですが、高校卒業後に進学した帝京大学2年生の時に中退されています。

中退理由は、ニュージーランドラグビーをするためです。

ニュージーランドといえば、ラグビーの強豪国ですね。

代表を通じて世界を知った李承信選手が、より高いレベルの中で、ラグビーをしたいと思うようになったのは自然なことのような気がします。

しかし、大学を辞めた直後に、コロナ禍が見舞われ、留学計画頓挫・・・。

留学断念後、李承信選手バイト生活を送りながら、公園で一人、トレーニングを続けていました。

そして、福本正幸チームディレクターから声をかけられたことがきっかけで、2020年10月神戸製鋼コベルコスティーラーズ入団しました。

李承信(りすんしん)の筋肉

李承信選手身長176cm体重88kgラグビー選手としては小柄なほうです。

しかし、それでもやはり日本代表だけあって、肩幅太もものなど筋肉はかなりのものです。

これは厳しいトレーニングの賜物ではないでしょうか。

現在でも体重は増えていっているそうなので、これからますます李承信選手肉体美に磨きがかかってきそうですね。

李承信(りすんしん)のまとめ

大学に通い続けていたとしたら、今年で大学4年生だったはずの李承信選手

大学生だったら、もしかしたら、日本代表にも選ばれることはなかったかもしれません。

ニュージーランドへの留学が叶わなかったことは残念ですが、人間万事塞翁が馬です。

李承信選手には日本韓国の懸け橋となるような活躍をみせてもらいたいですね!