野球

大西遼多(中京大中京)はドラフト注目!父母や兄弟もすごい?出身中学や進路は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

中京大中京高校ドラフト候補大西遼多選手

「大西 遼多」名前の読み方“おおにし りょうた”“

甲子園優勝経験もある強豪校で2年生からクリーナップを任されている強打者です。

また、大西遼多選手お父さんお母さん有名なスポーツ選手とのこと。

そこで今回は大西遼多選手経歴家族についてまとめてみました。

大西遼多のプロフィール

名前:大西 遼多(おおにし りょうた)
生年月日:2005年5月23日
出身:愛知県名古屋市東区
身長:182cm
体重:81kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:内野手兼投手
経歴:名古屋市立貴船小学校→名古屋市立高針台中学校→中京大中京高校

大西遼多の父母

大西遼多選手お父さん元プロ野球選手の大西崇之さんです。

崇之さんは1994年ドラフト6位中日ドラゴンズに指名され、プロ入り

闘志あふれるプレーが持ち味で、ファンからの人気も高い選手でした。

中日巨人通算12年間プレーし、2006年に引退

現在中日一軍外野守備走塁コーチを務めています。


また、大西遼多選手お母さん元プロゴルファーの坂上晴美さんです。

現役時代は美人プロゴルファーとして有名でした。

美人ゴルファーとして人気の高い坂上晴美(29)も、昨年12月に結婚を発表した。お相手は中日ドラゴンズの大西崇之選手。94年にドラフト6位で入団、昨シーズンは2年連続で
打率3割をマークした実力選手。

このオフはプロゴルファーの結婚ラッシュ田中秀道、近藤智弘、小林浩美、坂上晴美…

大西遼多の弟・大西利都

さらに大西遼多選手2学年下の弟は、名古屋グランパスU-16所属の大西利都選手です。

利都選手は野球ではお兄ちゃんに勝てないと理由で、幼稚園の年中から野球ではなく、サッカーを始めています。

サッカーを始めたのは幼稚園の年中。2学年上に、硬式野球クラブ「愛知守山ボーイズ」で活躍する長男・遼多君(14)がいる。「野球をしてもゲームをしても負けました。負けず嫌いだから、兄ちゃんとは違う競技にしました」と利都君。

元巨人コーチの息子が名古屋グランパスU―13内定、父から教わった星野仙一さんの金言「ハートは熱く、頭は冷静に」

将来はJリーグ入りする可能性も非常に高いのではないでしょうか。

大西遼多選手を含めて、凄すぎるアスリート一家ですね!

大西遼多の小中学時代

大西遼多選手は小学2年生からダイヤモンドスターズで軟式野球を始めました。

中学時代愛知守山ボーイズでプレー。

中学3年時には村瀬杯愛知県西選抜入りを経験しています。

大西遼多の高校時代

中学卒業後は中京大中京高校進学

高校では1年秋ピッチャーとしてベンチ入り

2年夏から内野手としてクリーンナップを任されています。

2年夏愛知県大会3回戦敗退

2年秋愛知県大会ベスト4

3年春愛知県大会右肩を故障していたため出場できず。

そのためチームは県大会初戦で敗れ、夏のシード権を逃しています。

大西遼多のプレースタイル

大西遼多選手は長打力が売りの内野手です。

ポジションはファーストサード時々レフト

最速137km/hストレートを武器にマウンドにも上がることがあります。

50メートル走は6秒3

大西遼多の進路

大西遼多選手高校卒業後の進路に関してはまだわかっていません。

現時点では大学進学が濃厚と見られています。

大西遼多選手進路について何かわかりましたら、改めて追記させていただきますね。

大西遼多のまとめ

大西遼多選手は高校最後の夏に向けて
「甲子園に出場して日本一を目標に入学した。シード校を倒し、その勢いで勝ち上がりたい」
と話されています。

お父さん譲りの闘志あふれるプレーでチームを引っ張り、甲子園を目指して勝ち進んでいってほしいですね!