野球

村本勇海(大阪桐蔭)はドラフト注目!出身中学や進路は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大阪桐蔭高校ドラフト候補村本勇海選手

「村本勇海」名前の読み方“むらもと いさみ”

勝負強いバッティングが持ち味の内野手です。

昨夏の甲子園では2年生野手で唯一ベンチ入りし、ヒットも放っていました。

2年秋からセカンドレギュラーを獲得すると、
秋の公式戦では打率.351の好成績で、大阪府大会優勝近畿大会優勝明治神宮大会優勝に貢献しています。

村本勇海(いさみ)のプロフィール

名前:村本 勇海(むらもと いさみ)
生年月日:2005年4月7日
出身:兵庫県南あわじ市
身長:176cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:セカンド
家族:父、母、弟
経歴:南あわじ市立三原中学校→大阪桐蔭高校

村本勇海(いさみ)の小中学時代

村本勇海選手年上のいとこに憧れて、小学2年生から野球を始めました。

お父さんからは「継続は力なり」と教わり、1日も休まずに、素振りを続けているそうです。

父から「継続は力なり」と繰り返し説かれ、小学2年から1日も休まずに、素振りを続ける。

<春に舞う・センバツ選手紹介>/4 大阪桐蔭 村本勇海選手/履正社 村田駿選手 /大阪

中学時代は名門・枚方ボーイズでプレー。

村本勇海選手の住んでいた兵庫県の淡路島枚方ボーイズのある大阪府枚方市はかなり距離があります。

おそらく、お父さんが毎週末ごと送迎されていたのではないでしょうか?

息子に厳しいことを言うだけではなく、きちんと尽くしてくれるお父さんはステキですね。

村本勇海(いさみ)の高校時代

中学卒業後は大阪桐蔭高校進学

2年夏大阪府大会では控えとして、2打数1安打の成績で、優勝に貢献しました。

続く夏の甲子園でも背番号16を付け、ベンチ入り

2回戦聖望学園戦では、8回に代打で出場し、ヒットも記録していました。

2年秋の新チームからはセカンドレギュラーを獲得。

秋の公式戦では、57打数20安打11打点打率.351の活躍で、
大阪府大会優勝近畿大会優勝明治神宮大会優勝を達成しています。

近畿大会1回戦では先制の満塁ホームランも放っていました。

村本勇海(いさみ)のプレースタイル

村本勇海選手俊足巧打の内野手です。

コースに逆らわず、広角に打球を飛ばすことが出来ます。

大阪桐蔭高校の西谷浩一監督からも
「攻守でもっと軸になっていける選手」
と高く期待されています。

50メートル走6秒5

村本勇海(いさみ)の進路

村本勇海選手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

ちなみに将来の夢はプロ野球選手、好きなプロ野球チームは阪神タイガースです。

村本勇海(いさみ)のまとめ

今年の大阪桐蔭高校高校三冠が期待できるチームです。

村本勇海選手が攻守でチームを引っ張って、日本一を達成してほしいですね!


村本勇海選手以外大阪桐蔭のメンバーについてはこちらを↓
大阪桐蔭野球部メンバー2023!出身中学校や監督は?ドラフト注目選手は?