陸上

西澤侑真(順天堂)は兄もすごい?難病や出身中学高校は?進路はトヨタ紡織!

箱根駅伝16年ぶり総合優勝を狙う順天堂大学陸上部。 

その順天堂大学陸上部主将として引っ張っているのが西澤侑真選手です。

西澤侑真選手箱根駅伝には順天堂大学現4年生の中では唯一、1年生から3年連続で出場しています。

しかも、西澤侑真選手国指定難病を抱えながら走っているそうです。

今回はそんな西澤侑真選手兄弟進路などについて調べてみました。

西澤侑真(ゆうま)のプロフィール

名前:西澤 侑真(にしざわ ゆうま)
生年月日: 2000年9月19日
出身:静岡県浜松市
身長:175cm
体重:56kg
経歴: 浜松市立富塚中学校→浜松日体高等学校→順天堂大学

西澤侑真(ゆうま)の兄

西澤侑真選手6歳上の兄・西澤卓弥さんも順天堂大学陸上部出身です。

大学時代には4年連続箱根駅伝に出場!

1年時4区区間19位。
2年時7区区間4位。
3年時1区区間12位 
4年時1区区間15位
という成績を残しています。

大学卒業後は実業団トーエネック陸上を続けていましたが、2021年末現役引退しました。

西澤侑真(ゆうま)の中学時代

西澤侑真選手兄の影響で、中学に入ってから陸上を始めました。

箱根を意識したのはその頃から。6つ年上の兄・卓弥が順大で走る姿を見て、「同じ舞台に立ちたい」という気持ちは強くなっていった。

「箱根駅伝自体は小さい頃から祖父の実家で見ていました。本格的に走りたいなと思うようになったのは、兄が箱根を走った時に、実際に現地まで観戦に行った時です。大観衆の中で走る姿は『カッコいいな』と素直に感じて、自分も走りたいなと思うようになりました」

箱根駅伝Stories/順大の頼れるキャプテン西澤侑真「復路のキーマン」として16年ぶり頂点へ

中学3年時3000m全中に出場しています。

西澤侑真(ゆうま)の高校時代

中学卒業後は陸上の強豪・浜松日体高校進学

高校では2年時全国高校駅伝に出場し、7区区間7位でした。

西澤侑真(ゆうま)の大学時代

順天堂大学に進学後は、1年時全日本大学駅伝大学三大駅伝デビュー!

6区区間3位の好走を見せ、チームの総合9位に貢献しました。

箱根駅伝には1年生から3年連続で出場中。

1年時8区区間9位(チームは総合14位)、
2年時8区区間10位(チームは総合7位)、
3年時7区区間7位(チームは総合2位)、
という成績を残しています。

西澤侑真(ゆうま)の難病

西澤侑真選手大学2年秋頃から便に血が混じる症状が続き、3年に診断を受けたところ潰瘍性大腸炎と診断されました。

潰瘍性大腸炎国指定の難病で、根本的な治療法がなく、症状がおさまるまで数年かかるケースもあります。

陸上の桐生祥秀選手や今年のドラフトで中日ドラゴンズに指名された亜細亜大学野球部の田中幹也選手なども潰瘍性大腸炎を抱えていますね。

田中幹也選手についてはこちらを→田中幹也(亜細亜大野球部)はスズメバチで病気に?進路や成績は?ドラフト注目!

西澤侑真選手の場合は薬を服用して症状がおさまりましたが、精神的にストレスを抱えると症状が出ることがあるそうです。

西澤侑真選手病気について
「原因が分からないので、不安を抱えている人が多い。箱根で頑張っている姿を見せて、少しでも生きる活力、頑張ろうと思ってもらえるような走りがしたい」
と話されていますね。

西澤侑真(ゆうま)の自己ベスト

5000m:14分08秒26
10000m:28分45秒39
ハーフマラソン:1時間2分35秒

西澤侑真(ゆうま)の進路

大学卒業後、西澤侑真選手トヨタ紡織陸上を続けることが決まっています。

西澤侑真(ゆうま)のまとめ

前回の箱根駅伝では惜しくも準優勝に終わった順天堂大学

西澤侑真選手が4年生となる今回こそは、優勝を達成してほしいですね!