陸上

不破亜莉珠(センコー陸上部)がかわいい!妹もすごい?ホクレンを退部した理由は?

センコー女子陸上競技部不破亜莉珠選手

中学時代から活躍されてきた長距離選手です。

実業団のホクレン時代は、ケガに苦しめられていましたが、
2021年センコーに移籍した後は、プリンセス駅伝1区を任されるなど復活を果たしています。

さらに、不破亜莉珠選手3人姉妹で、2人の妹陸上をされているとのこと。

そこで、今回は不破亜莉珠選手家族経歴などについて調べてみました。

不破亜莉珠 かわいい センコー 陸上

不破亜莉珠(ありす)のプロフィール

名前:不破 亜莉珠(ふわ ありす)
生年月日:1999年11月24日
出身:群馬県高崎市
経歴:高崎市立大類中学校→高崎健康福祉大学高崎高等学校→ホクレン→センコー

不破亜莉珠(ありす)の妹

不破亜莉珠選手3人姉妹で、2人います。

3歳下の妹は最近、話題になっている拓殖大学の不破聖衣来(せいら)選手です。

不破聖衣来選手が陸上を始めたきっかけは、不破亜莉珠選手祖父とのこと。

2017年第33回東日本女子駅伝では、2人の夢であった姉妹によるたすきリレーが実現していました。

また、10歳下の妹・不破珠衣琉(じゅえる)選手も陸上選手です。

まだ、中学生ということで、目立った成績は残していませんが、今後の活躍が期待されています。


不破亜莉珠選手お父さんお母さんについては、妹の記事と繰り返しになってしまいますので、興味がある方はこちらをどうぞ不破聖衣来は不破弘樹の娘ではない!本当の父母は?祖父や姉妹は?

不破亜莉珠(ありす)の小中学時代

不破亜莉珠選手は小学生から陸上を始めました。

中学3年時全中1500mでは5位入賞を果たすなど、早くから頭角を現しています。


中学卒業後は、健大高崎高校進学

高校では3年時全国高校駅伝群馬県予選では、17連覇中の常盤高校を倒し、21年ぶりの優勝に貢献しました。


高校卒業後は実業団のホクレンに入社。

しかし、ケガに泣かされ、目立った成績を残せず、2021年9月ホクレン陸上部退部翌10月からセンコー陸上部移籍しています。

不破亜莉珠(ありす)が退部した理由

不破亜莉珠選手が、ホクレン陸上部退部した理由については、陸上で結果を残せなかったことが大きいようです。

環境を変えて、気分一新といった感じでしょうか?

特にトラブルなどは確認できませんでした。

ホクレン女子陸上部HPでは、ホクレン女子陸上部への感謝の言葉が掲載されています。

この度9月30日をもってホクレン女子陸上競技部を退部することになりました。

怪我も多く、なかなか思うような結果も出ず悩む事が多かった3年半でしたが、楽しい事や貴重な経験もさせて頂き、沢山学ぶことが出来ました。3年半頑張れたのは農家の方々、ホクレン関係者の方々、私を応援して下さった全ての皆様のお陰です。

成績で皆様に恩を返すことが出来ず、申し訳ない気持ちで一杯ですが、私が一生懸命取り組んだ結果なので後悔はないです。

これから第2の人生を歩んで行きます。本当に3年半ありがとうございました。

退部した不破選手より

不破亜莉珠(ありす)の自己ベスト

1500m: 4分20秒32
3000m: 9分15秒60
5000m:16分24秒86

不破亜莉珠(ありす)のまとめ

センコー陸上部移籍後は、2021年プリンセス駅伝では主要区間である1区を任されるなど、徐々に本来の輝きを取り戻しつつあります。

妹の不破聖衣来選手ともども、今後の活躍が楽しみですね!