野球

内田湘大(利根商)はドラフト注目!双子の兄もすごい?出身中学や球速球種は?

利根沼田学校組合立利根商業高校ドラフト候補内田湘大投手

投げては最速149km/h、打っては高校通算35本塁打を記録している二刀流選手です。

投打の両方でプロから注目されており、高卒でのプロ入りを目指しています。

内田湘大のプロフィール

名前:内田 湘大(うちだ しょうだい)
生年月日:2004年9月22日
出身:長野県南佐久郡
身長:183cm
体重:90kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー兼ファースト
経歴:小海町北相木村南相木村組合立小海中学校→利根沼田学校組合立利根商業高等学校

内田湘大の小中学時代

内田湘大投手小学2年生から野球を始めました。

中学時代群馬西毛ボーイズでプレー。

当時の内田湘大投手通算本塁打0本で、レギュラーを取れるか取れないかの選手でした。

そのため高校進学の際にもスカウトに来る高校はなかったと言います。

自分は中学の時は、通算本塁打0本で、ヒットを打ったのも覚えていないレギュラーを取れるか取れないかの選手でした。1カ月間、試合に出られないのもザラでした。それくらいの選手だったので、誘われることはなかったです。

群馬の高校野球 探求心と思考力① 内田湘大(利根商3年・投手/一塁手)

内田湘大の高校時代

中学卒業後、内田湘大投手利根商業高校進学

利根商業高校の正式名称は「利根沼田学校組合立利根商業高等学校」で、全国でも珍しい「組合立」公立高校です。

甲子園に出場したことはありませんが、
2019年4月から桐生第一で夏の甲子園優勝を果たした福田治男さんが監督に就任し、強化を図っています。


内田湘大投手は高校では1年夏独自大会からベンチ入り

2年夏群馬県大会では5番・ファーストとして、ベスト4入りに貢献しました。

2年秋群馬県大会ベスト8敗退

3年夏群馬県大会では、全4試合4番打者として出場し、
打率.438、2本塁打、7打点の好成績で、2年連続のベスト4入りを果たしています。

6月に左太もも裏を痛めたこともあって、ピッチャーとしてはリリーフで2試合に登板しただけでしたが、
敗れた準決勝・健大高崎戦で自己最速となる149km/hをマークしていました。

内田湘大の双子の兄・内田耀晴

内田湘大投手双子の兄は、利根商業高校野球部に所属する内田耀晴選手です。

中学時代はの内田耀晴選手がすごかったそうで、内田湘大投手に負けないように頑張って、野球の才能を開花させていきました。

利根商には双子の兄(耀晴)と一緒に入ったのですが、中学の時は兄の方がすごかったので、「兄の付き添いじゃないか」と思ったこともありました。

自分はずっと兄を追って、負けないように頑張ってきたんです。兄に「負けているな」と思われたくなくて、直接聞かずに、「こういうところがいいのか」と、プレーを見てひそかに真似ていました。

群馬の高校野球 探求心と思考力① 内田湘大(利根商3年・投手/一塁手)

内田湘大のプレースタイル

内田湘大投手身長183cm体重90kgの恵まれた体格を持つ二刀流選手です。

打者としては長打力が魅力で、高校通算35本塁打を記録。

ピッチャーとしては最速149km/hをマークしている本格派です。

変化球カーブスライダーフォーク

遠投120メートル。

50メートル走6秒3。

内田湘大の進路

内田湘大投手はすでにプロ志望届提出済です。

内田湘大のスカウト評価

楽天・沖原スカウト
「体も強いし、スケールの大きな投手になりそう」

ヤクルト・丸山スカウト
「懐が深く、初戦の第1打席で引っ張らず丁寧に右中間へ。最後(の本塁打)は見せてくれた」

巨人・内田スカウト
「投打どちらでもいけると思う」

ソフトバンク・福元スカウト
「打撃を評価しています。初球から振りにいける打撃スタイルは魅力。去年の秋頃からの評価を上げてくれたと思います」

中日・正津スカウト
「馬力系のようで、バッティングにもピッチングにも柔らかさがある」

中日・正津スカウト
「馬力のあるタイプで、投手としての方が楽しみ」

内田湘大のまとめ

中学時代は無名で、高校に入ってからプロ注目選手にまで成長した内田湘大投手。

投打の両方で高く評価されており、ドラフトではどちらで指名されるのか、とても楽しみですね!