プロ野球

松本剛(日本ハム)彼女と結婚は?守備位置や年棒や出身中学は?

北海道日本ハムファイターズの松本剛選手。
アマチュア時代は輝かしい成績を残していましたが、プロでは伸び悩んでいました。

しかし、入団6年目の昨年にようやくブレイク!
日本代表に選ばれるまでに成長しています。
2018年シーズンは、このままスタメンに定着できるか大事なシーズンになりそうです。

 

名前:松本 剛 (まつもと ごう)
生年月日:1993年8月11日
出身:埼玉県川口市
身長:181cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:内野手、外野手
背番号:12
年俸:2270万円(2018年)
経歴:川口市立青木北小学校→川口市立青木中学校→帝京高校→北海道日本ハムファイターズ

 

松本選手は、小学1年から「青北サンクス」で野球を始めました。
中学時代は「川口リトル」に所属しています。
1年夏にエースとして全日本選手権アジア大会で優勝
リトルリーグ世界大会で準優勝を経験しています。

3年生の時にはシニア日本代表に選出され、5番・ショートとして全米選手権に出場しました。
この頃から注目されていて、「スーパー中学生」とメディアに取り上げられることもありました。
また、中学校では陸上部に所属し、埼玉県大会の400メートル走で優勝したこともあったそうです。

 

〇帝京
高校は「高いレベルの学校で自分の力を試した」という強い思いから、東京の強豪・帝京高校に進学。
1年春からベンチ入りしています。
1年夏の東東京都大会からは、守備力を買われショートのレギュラーを獲得すると、打率.476を記録し、優勝に貢献しました。
甲子園でも全3試合にスタメン出場
甲子園にはその他にも、2年春の選抜大会3年夏の2回出場しています。

3年の夏の甲子園では、4番・ショートで出場し、1回戦の花巻東高校戦では、のちに日本ハムでチームメイトになる大谷翔平選手から、決勝のタイムリーヒットを打ちました。

その年、2011年のNPBドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから2位で指名され入団しています。

 

○プロ入り後
高校までは、素晴らしい実績を残していた松本選手ですが、プロでは守備で苦労します。
プロ入り1年目の2012年には、2軍のショート部門でリーグ最多の28失策を記録。
2014年にもセカンドでリーグ最多の12失策を記録しました。

入団4年目の2015年からは、持ち前の打力や俊足を生かすために、ポジション登録は内野手ながら公式戦では外野を守ることが多くなっていきます

スポンサードリンク

○入団6年目でブレイク!
入団6年目の2017年は、4月23日1軍に昇格すると、シーズン終了まで1軍に定着
主に外野手として、試合に出場します。

セ・パ交流戦では打率.396と、丸佳浩選手(広島)に次ぐ2位の成績を残し、日本生命賞を受賞しました。

結局、2017年は1軍公式戦に自己最多の115試合に出場
自身初となる規定打席にも到達し、パ・リーグ10位(チーム2位)の打率.274を記録しました。

また、シーズンオフには「第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ」の日本代表に選出されています。

 

○プレースタイル
ミート力の高い右の好打者です。
50m6秒1の俊足遠投105mの強肩も武器。
プロに入って守備に苦労し、色々なポジションを経験したおかげで、レフト、センター、ライトと、外野はどこでも守れる他、内野もショート以外は1軍で守ったことがあります。

日本代表の稲葉監督も、どこでも守れる松本選手のユーティリィティ性を認めて、日本代表に選んだのではないでしょうか。
監督の立場から見たら、頼りになる使いやすい選手ですね。

 

○結婚
松本選手は、まだ結婚されていません
現在、付き合っている女性がいるかも分かりませんでした。

でも、そろそろ結婚されてもおかしくない年齢ですね。
昨シーズンの活躍でお給料も650万から2270万へと大幅に上がっていますし、今シーズンあたり、結婚報道があるかも!?

 

昨年は、ほぼ外野手として出場した松本選手ですが、キャンプでは、日本ハムが昨シーズン固定できなかったセカンドにも挑戦中のようです。
レギュラー定着のために、どこまでも貪欲です。
ぜひ、このまま日本ハムでも主力になり、日本を代表する選手に成長していってほしいですね。