野球

親富祖凪人(二松学舎大附)は父親が元プロで沖縄出身?ドラフト注目!

二松学舎大学附属高校ドラフト候補親富祖凪人選手

「親富祖凪人」名前の読み方“おやふそ なぎと”

50メートル走5秒9の俊足に加え、遠投102メートルを記録している身体能力の高い外野手兼内野手です。

親富祖凪人選手には沖縄出身で、父親元プロ野球選手というがあります。

果たして真相はいかに?

親富祖凪人のプロフィール

名前:親富祖 凪人(おやふそ なぎと)
生年月日:2004年4月3日
出身:沖縄県浦添市
身長:168cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手兼内野手
家族:父、姉
経歴:藤沢市立滝の沢中学校→二松学舎大学附属高校

親富祖凪人の父は親富祖弘也?

野球にくわしい方なら、親富祖凪人選手「親富祖」という名字を見て、元西武の親富祖弘也さんの息子ではないか?と思う人も多いかもしれませんね。


親富祖弘也さんは沖縄県宜野湾高校から1990年ドラフト4位西武ライオンズに入団した元プロ野球選手です。

現役時代のポジションはキャッチャー

残念ながらプロでは一軍にあがることができずに6年で引退をされてしまいました。

現在は、浦添市教育委員会に勤めながら、少年野球チーム・浦添ボーイズの監督を務められています。


私も親富祖凪人選手と親富祖弘也さんの関係が気になって調べてみましたが、親子だという確証は得られませんでした。

親富祖凪人選手沖縄県浦添市出身ですが、小学生時代は前田ホークスでプレーされています。

もし、親子だったら親富祖弘也さんが監督を務めている浦添ボーイズに入団するでしょうから、親子ではない気がしますね。

ただ、「親富祖」という名字は、名字由来netによると全国でおよそ720人しかいない珍しい名字ですから、親戚である可能性は高いかもしれませんね。

親富祖凪人の中学時代

小学4年生から前田ホークスで野球を始めた親富祖凪人選手は、中学校は神奈川にある藤沢市立滝の沢中学校に通われていました。

チームは湘南クラブボーイズに所属。

3年夏にはボーイズ選手権大会に出場されています。

親富祖凪人の高校時代

中学卒業後は東京にある二松学舎大学附属高校進学

高校では1年秋からベンチ入り

2年夏東東京都大会にはセカンドのレギュラーとして出場。

18打数7安打、打率.389の活躍で、3年ぶり4度目の甲子園出場に貢献しました。

続く甲子園では全2試合2番・セカンドで出場しましたが、6打数0安打に終わっています。

2年秋東京都大会にはライトのレギュラーとして出場。

打順は3番を任され、22打数7安打6打点打率.3181本塁打の成績で準優勝


決勝の國學院久我山戦では、2点リードの9回裏2死から逆転サヨナラ負けを喫しています。

しかも、決勝打は親富祖凪人選手のグラブに当たったものの取れない(記録はヒット)、という悔しい幕切れでした。


二松学舎大学附属高校同期のチームメイトには、プロ注目のサウスポー・布施東海投手、辻大雅投手、瀬谷大夢選手らがいます。

布施東海投手についてはこちらを→布施東海(二松学舎大附)はドラフト注目!兄もすごい?出身中学や球速球種は?

辻大雅投手についてはこちらを→辻大雅(二松学舎大附)はドラフト注目!兄もすごい?出身中学や球速球種は?

親富祖凪人のまとめ

2年秋の東京都大会は準優勝に終わったものの、なんとかセンバツ出場を達成した二松学舎大学附属高校

親富祖凪人選手には昨夏の甲子園でノーヒットに終わった分、センバツではたくさんヒットを打ってほしいですね!


親富祖凪人選手以外の2022年夏の甲子園注目選手についてはこちらを↓
高校野球夏の甲子園大会注目選手2022/投手(ピッチャー)編!日程も!

高校野球夏の甲子園大会注目選手2022/打者(野手)編!日程も!