サッカー

野々村芳和(チェアマン)の若い頃は?結婚した嫁や子供は?心臓病を克服!

Jリーグ6代目のチェアマンに就任した野々村芳和さん

初めての元Jリーガーのチェアマンです。

現役時代イケメン頭脳派ミッドフィルダーとして活躍していました。

現役引退後は北海道コンサドーレ札幌社長会長などを歴任!

まだ40代と若いですが、かなり有能な人物のようですね!

今回はそんな野々村芳和さん若い頃結婚した奥さんなどについて調べてみました。

野々村芳和のプロフィール

名前:野々村 芳和(ののむら よしかづ)
生年月日:1972年5月8日
出身:静岡県清水市
身長:175cm
体重:67kg
経歴:清水市立第四中学校→静岡県立清水東高等学校→慶應義塾大学→ジェフユナイテッド市原→コンサドーレ札幌

野々村芳和のプロ入り前

野々村芳和さん静岡県清水市の出身です。

小学1年生からサッカーを始め、地区の選抜チームである清水FCに所属するなど早くから実力を評価されていました。

清水東高校時代には1学年上に相馬直樹さん、1学年下には斎藤俊秀さんがおり、2年時と3年時に全国高校サッカー選手権大会出場を果たしています。


高校卒業後は慶應義塾大学法学部へ進学。

大学では1年生からレギュラーとして活躍されていた野々村芳和さんでしたが、実は小学校6年生から原因不明の発作に悩まされていました。

そして、20歳頃に心臓病と診断され、手術を受けています。

手術後はチームを2年連続で関東2部優勝に導くなど、更なる活躍を見せ、卒業後はジェフユナイテッド市原へ入団しました。

心臓病を克服してJリーガーになるなんて、キャプテン翼の三杉淳くんみたいで、かっこいいですね!

野々村芳和のJリーグ時代

ジェフユナイテッド市原では1年目から主力としてリーグ戦15試合にスタメン出場。

2年目からはレギュラーとしてプレーしていました。


しかし、5年目にゲルト・エンゲルスが監督に就任してからは、出場試合数が激減。

翌2000年にコンサドーレ札幌に監督就任が決まっていた岡田武史さんから直接電話でオファーを受け、コンサドーレ札幌へ移籍を決意します。

コンサドーレ札幌では移籍1年目からレギュラーを獲得。

副主将として40試合中36試合に出場し、J2優勝を達成しました。

翌年には主将として22試合に出場し、J1残留に貢献。

しかし、クラブからは戦力外通告を受けてしまいます。

他クラブからのオファーもあった野々村芳和さんでしたが、悩んだ結果、
「やめるなら札幌で」
と、29歳で現役を引退しました。

野々村芳和の現役引退後

現役引退後はサッカー解説者コンサドーレ札幌チームアドバイザーを務めていました。

2009年から2011年にかけては北海道のサッカー活性化を目的に道央ブロックリーグに所属する小樽FCで現役復帰!

2度目の引退後の2013年からはコンサドーレ札幌の社長に就任します。

社長としては財政面の改革だけでなく、自らがメディアに多く出る事で広告塔としての役割を果たし、チームのJ1定着に成功しました。

野々村芳和の結婚した嫁と子供

野々村芳和さん奥さん元モデルの松本里織さんです。

野々村芳和さんがコンサドーレの現役時代に、コンサドーレのスポンサーである石屋製菓のCMに出演した際には奥さんと共演されていました。

こちらがその時のCMの画像です↓

野々村芳和 嫁 CM

2人の間にはお子さんが2人いますが、一般人のため、詳しいことはわかっていません。

野々村芳和のまとめ

49歳という若さでJリーグのトップに上り詰めた野々村芳和さん

札幌コンサドーレで培(つちか)った手腕をチェアマンでも発揮して、日本サッカー界をより良い方向へと導いていってほしいですね!