サッカー

小久保玲央ブライアンの眉毛や髪は病気?東京五輪日本代表はある?姉についても!

小久保玲央ブライアン ベンフィカ 眉毛

ポルトガルの名門・ベンフィカU-23に所属する小久保玲央ブライアン選手トップチームの練習に召集されました。

新型コロナウイルスの影響で暗い話題が多いなか、これは明るいニュースですね!

小久保玲央ブライアン選手はまだ19歳の若いゴールキーパーです。

Jリーグでの出場はありませんが、昨年、将来性を高く評価され、ベンフィカU-23に移籍していました。

このまま小久保玲央ブライアン選手はトップチームに昇格できるのでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

LeoBrian Kokubo(@leobriankokubo)がシェアした投稿

小久保玲央ブライアンのプロフィール

名前:小久保 玲央 ブライアン(こくぼ れお ぶらいあん)
生年月日:2001年1月23日
出身:千葉県
身長:193cm
体重:80kg
利き足:右
ポジション:GK
経歴:柏エフォートFC→柏レイソルU-15→柏レイソルU-18→柏レイソル(2種登録選手)→ベンフィカU-23

小久保玲央ブライアンの父と母

小久保玲央ブライアン選手は、ナイジェリア人の父親とバスケットボール経験者である日本人の母親の間に産まれ、千葉で生まれ育ちました。

こちらは小久保玲央ブライアン選手19歳の誕生日にインスタにアップした写真です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LeoBrian Kokubo(@leobriankokubo)がシェアした投稿


幼い小久保玲央ブライアン選手と一緒に写っているのがお母さんなのでしょうね。

小久保玲央ブライアンの姉

小久保玲央ブライアン選手・小久保紗羅ジョイスさんはバスケットボールをされています。


筑波大学を経て、現在は三井住友海上に所属。

ちなみにお姉さんの身長は184cm!

お姉さんも背が高いですね。

お姉さん年代別日本代表に選ばれるほどの実力を持っています。

将来は兄弟そろって、日本のスポーツ界を盛り上げてくれそうですね。

小久保玲央ブライアンの小中学時代

小久保玲央ブライアン選手のサッカーを始めた頃のポジションはフォワードでした。

小学生の時には柏レイソル下部組織入団テストを受けましたが、結果は不合格。

しかし、中学に進学する時には、今度は柏レイソルのほうから、体格を見込まれてゴールキーパーとして、声を掛けられ、柏レイソルU-15に入団しました。

小久保玲央ブライアンの高校時代

中学卒業後は柏日体高校に進学。

それともに柏レイソルU-18に昇格しました。

17歳だった2018シーズンには柏レイソルU-18に所属したままJリーグの公式戦に出場できる2種登録選手としてトップチームに登録されています。(出場はなし)

そして、海外移籍が可能となる18歳の誕生日を迎えると同時にポルトガルSLベンフィカU-23チームに移籍しました。

Jリーグの試合にも出場したことがない選手が、なぜ海外の名門チームに?
と不思議に思う人もいるかもしれません。

小久保玲央ブライアン選手2018年1月に行われたアルカス国際カップに、柏レイソルU-17の一員として出場し、準優勝に貢献。

個人でも大会最優秀GKに選出されています。

この時の活躍がベンフィカのチーム関係者の目に留まり、契約へと結びつきました。

小久保玲央ブライアンと年代別日本代表

小久保玲央ブライアン選手はこれまでU-16U-18など年代別の日本代表を経験しています。

年齢的にはパリ五輪世代小久保玲央ブライアン選手ですが、
2019年末には東京五輪世代となるU-22日本代表にも18歳で初招集されました。

このままU-22代表に定着できるのでしょうか?

年齢制限のないフル代表召集も数年内にあるでしょうし、とても楽しみですね!

小久保玲央ブライアンの眉毛

小久保玲央ブライアン選手についてよく話題になるのが、特徴的な眉毛です。


メディアに出る写真でも毎回微妙に違っているようなので、おそらく自分で描いているみたいですね。

髪の毛もスキンヘッドというよりは、最初から生えてないようにも見えますし、何かの病気なのでしょうか?

調べてみましたが、特に病気という情報はありませんでした。

サッカー関係者でいえば、元・日本代表でもある栃木SCの田坂和昭監督が遺伝性の先天性無毛症であることを公表されていますね。


先ほどの幼い頃にお母さんと写っている写真には、髪の毛も眉毛もきちんとありましたし、どうなんでしょうね?

小久保玲央ブライアン選手眉毛については何かわかりましたら、改めて追記いたします。

小久保玲央ブライアンのまとめ

小久保玲央ブライアン選手は今後の目標について
「東京五輪に出て、フル代表にも選ばれ、ベンフィカのトップチームで試合に出る」
と語っています。

新型コロナウイルスによるオリンピック延期は残念ですが、小久保玲央ブライアン選手のように若い伸び盛りな選手には追い風です。

このまま、ベンフィカのトップチーム練習参加を足掛かり、ワールドクラスのゴールキーパーに成長していってほしいですね!