野球

大橋武尊(茨城)は横浜DeNA育成ドラフト3位!実家が金持ち?父や母は?

大橋武尊(茨城) 横浜DeNA 育成ドラフト

茨城アストロプラネッツから横浜DeNAベイスターズ育成ドラフト3位で指名された大橋武尊選手

中学時代はチームに所属せず、高校はアメリカのIMGアカデミーに進学していたという異色の経歴を持つ俊足外野手です。

アメリカから帰国後は独立リーグ茨城アストロプラネッツで1年間プレーし、プロ入りを果たしています。

大橋武尊(たける)のプロフィール

名前:大橋 武尊(おおはし たける)
生年月日:2001年5月16日
出身:東京都中央区
身長:178cm
体重:74kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:中央区立豊海小学校→中央区立銀座中学校→IMGアカデミー→茨城アストロプラネッツ→横浜DeNAベイスターズ

大橋武尊(たける)の小中学時代

大橋武尊選手小学1年生から月島ライオンズ野球を始めました。

中学時代はチームに所属せず、個人トレーナーをつけて練習し、腕を磨いています。

中学卒業後
「目標は甲子園出場ではなく、プロで活躍すること」
と、日本の高校に進まず、アメリカにあるIMGアカデミー進学しました。

大橋武尊(たける)の実家は金持ち?

IMGアカデミーアメリカ・フロリダ州にあるスポーツの専門学校です。

野球だけでなく、バスケットボールアメリカンフットボールゴルフラクロスサッカーテニス陸上競技クロスカントリーなど様々な競技を学ぶことができます。

日本人ですと、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手や西岡良仁選手がIMGアカデミー出身です。

同校の案内によると、1年間の学費や食費7万7900ドル(約856万9000円)とのこと。

日本の私立高校と比べてもかなり高額ですね!

このことからも分かるように大橋武尊選手実家はとても裕福なようです。


ちなみに大橋武尊選手の父・大橋渡さんは会社経営キャビンアテンダントをされています。

大橋武尊(たける)のアメリカ時代

IMGアカデミーでは五輪の金メダリストを育てた陸上のコーチからも指導を受けています。

3年間で50メートル走のタイムは6秒3から5秒8まで短縮。

俊足を生かし、部員数約300人〝10軍〟まである同アカデミーで、トップチームにまで上り詰めました。

卒業後はMLB挑戦も視野に1年間をアメリカで過ごした後、
BC茨城アストロプラネッツトライアウトを受け、合格しています。

大橋武尊(たける)の独立リーグ時代

茨城アストロプラネッツでは1年目からリーグ戦に出場。

開幕3戦目から1番・センターの座を掴みます。

シーズン後半は調子を落としてスタメンを外れることもありましたが、チーム最多の28盗塁をマークしました。

大橋武尊(たける)のプレースタイル

大橋武尊選手50メートル走5秒8の俊足が武器外野手です。

遠投110メートルと肩も強く、チームでは主にセンターを守っています。

憧れの選手はイチローさん。

バッターボックスに入った時のルーティンもイチローさんを真似ています。

大橋武尊(たける)のスカウト評価

DeNA・武居スカウト
「間違いなく足が速い。盗塁を期待している。肩も強くて守備もいい。屋鋪さんタイプになってくれれば」

DeNA・武居邦夫スカウト
「足のスペシャリストで、守備範囲が広く、守りに不安のない外野手。打撃が課題の打者ですが、長打を狙わずミート力を上げる取り組みができれば、出塁率もついてくる」

大橋武尊(たける)のまとめ

大橋武尊選手の将来の目標は“MLB入り&世界ナンバー1外野手”です。

育成契約からどこまで上り詰めることができるか!?
今後がとても楽しみな選手ですね!