野球

河西威飛(鳥取城北)はドラフト候補の外野手!進路や身長体重は?

河西威飛 鳥取城北

鳥取城北高校ドラフト候補河西威飛選手。

名前の“威飛”「いぶき」と読みます。

身長171cmと小柄な強肩強打の外野手です。

中学時代にはNOMOジャパンに選出され、アメリカ遠征を経験!

高校では1年秋からベンチ入りすると、
2年秋にはクリーナップを打ち、鳥取大会優勝&中国大会準優勝を果たしています。

河西威飛のプロフィール

名前:河西 威飛(かわにし いぶき)
生年月日:2002年11月26日
出身:兵庫県姫路市
身長:171cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:姫路市立花田小学校→姫路市立花田中学校→鳥取城北高校

河西威飛の小中学時代

河西威飛選手小学1年生から花田山彦ピッチャー兼キャッチャーとして野球を始めました。

中学時代は兵庫夢前ヤングに所属し、強肩強打のキャッチャーとして活躍!

3年時には主将を務め、ヤングリーグ全国大会優勝を達成しています。

また、JUNIOR ALL JAPAN(NOMOジャパン)にも選ばれ、小深田大地選手(現・履正社)、西村友哉選手(現・中京大中京)らとともにアメリカ遠征を経験しました。

河西威飛の高校時代

中学卒業後は鳥取城北高校に進学。

鳥取城北高校は甲子園に夏5回、春2回(2020年を含む)出場している私立の強豪校です。

OBには阪神・能見篤史投手らがいます。 

河西威飛選手1年秋から背番号13でベンチ入り。

1年秋の鳥取大会の創志学園戦では、途中出場し、西純矢投手(現・阪神)から内野安打を放っています。


その後、1年冬に部のルールを破る行為が発覚して、2年春はベンチ外。

復帰した2年夏の鳥取大会は、決勝米子東5対6逆転で敗れ、準優勝に終わっています。

2年秋からは3番・レフトで出場。

鳥取大会を制して、中国大会に進むと、全4試合で打点を記録する活躍で準優勝に貢献しました。

河西威飛のプレースタイル

河西威飛選手勝負強いバッティングが持ち味外野手です。

タイプとしては中距離ヒッターですが、甘い球は見逃さずにスタンドまで叩き込むパワーもあります。

元々キャッチャーだっただけあり、肩も強く守備でもチームを支えます。

好きな選手は阿部慎之助巨人2軍監督。

体重移動を参考にしているのはソフトバンク・柳田悠岐選手。

遠投95メートル。

50メートル走6秒4。

河西威飛の進路

河西威飛選手は高校卒業後の進路に関しては、まだ明らかにされていません。

河西威飛選手の進路に関して何か分かりましたら、改めて追記いたしますね。

河西威飛のまとめ

3年夏の鳥取大会倉吉東5対7で敗れて、2年連続の準優勝に終わっています。

例年までならここで高校野球は終了ですが、センバツに出場予定だった鳥取城北には、まだ、甲子園交流試合が残されています。

河西威飛選手には、甲子園交流試合では持ち前の勝負強いバッティングでチームを勝利に導いて、いい形で高校野球を終えて、次につなげていってほしいですね!