野球

戸田懐生(徳島)の現在は?東海大菅生を退学した理由は? ドラフト指名はある?

戸田懐生 徳島 東海大菅生 退学

昨年まで7年連続でプロ野球選手を輩出している四国アイランドリーグ徳島インディゴソックス。

その徳島インディゴソックスで、今年一番指名される可能性が高いと言われているのが戸田懐生投手です。

戸田懐生投手東海大菅生高校時代には2年生エースとして甲子園に出場し、チームをベスト4に導いています。

しかし、その後、高校を中退

野球も止めてしまっていました。

それでも昨年の6月徳島インディゴソックスで野球を再開すると、再びドラフト候補に名前が挙がるまでに復活を果たしています。

戸田懐生のプロフィール

名前:戸田 懐生(とだ なつき)
生年月日:2000年7月22日
出身:愛知県高浜市
身長:170cm
体重:69kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:高浜市立南中学校→東海大菅生高校(中退)→KTCおおぞら高校→徳島インディゴソックス

戸田懐生の小中学時代

戸田懐生投手小学生から高浜少年野球クラブ高浜軍軟式野球を始めました。

中学時代は愛知衣浦シニアピッチャー兼野手としてプレー。

3年生の春にはエースとしてリトルシニア全国選抜野球大会に出場にしています。


中学卒業後は、東海大菅生の若林弘泰監督に声をかけられたことをきっかけに、東京にある同校へ進学しました。

若林弘泰監督は元中日のピッチャーで、愛知県に縁があることから、毎年愛知県から東海大菅生進学する選手が何人かいますね。

今年のドラフト候補の杉崎成選手も愛知県出身です。

杉崎成(東海大菅生)は強打の2020年ドラフト候補!兄についても!

戸田懐生の高校時代

戸田懐生投手は高校では1年生から控えとしてベンチ入り。


2年夏の西東京都大会では背番号1を付け、17年ぶりの優勝を達成しました。

続く甲子園本大会では背番号1こそは1学年上の松本健吾投手(現・亜細亜大学)に譲りましたが、背番号11を付け、3試合に登板。

3回戦青森山田戦では先発を務め、9回1失点完投勝利を果たすなど、
13イニングを投げ、3失点(自責点1)の活躍で、チーム初のベスト4進出に貢献しました。


2年秋の新チームからは再び背番号1を付けて登板。

2年生秋季東京都大会では、二松學舍大学附属高校8回9失点と打ち込まれ、 1次予選敗退に終わっています。

10月に行われた国体では再びベスト4入りを達成!

順調に見えた高校時代でしたが、その後、戸田懐生投手野球を止め高校も退学してしまいました。

戸田懐生の退学理由は?

高校3年生の春季東京都大会東海大菅生のベンチ入りメンバー戸田懐生投手の名前がなかった時は、高校野球界隈ではちょっとした話題になりました。


素行不良で退学させられた?などのも飛び交いましたが、
実際の退学した理由右ひじを故障で野球を止めてしまったためです。

故障したぐらいで野球を止めなくても、ましてや、高校を辞めなくてもいいのでは?
と思う人もいるかもしれませんが、
戸田懐生投手クラスになると、ピッチャーをできないなら、プロに行けないなら野球を続ける意味はないと思ってしまっても不思議ではありません。

また、野球で入った高校なので、野球を止めるなら学校も辞めなければ、と思い詰めてしまったのかもしれませんね。


徳島インディゴソックスに入るきっかけとなったのは東海大菅生野球部顧問相談したことですから、戸田懐生投手東海大菅生の関係は今も良好のようです。

戸田懐生の独立リーグ時代

東海大菅生を辞めた後、戸田懐生投手は通信制のKTCおおぞら高校に編入して、学業を続けていました。

しかし、2019年ヒジの痛みが消えると、再び野球をしたいと思うようになり、東海大菅生時代顧問相談。

徳島インディゴソックスを紹介され、同年の6月練習生として入団しました。

徳島インディゴソックスでは2019年の後期から公式戦に出場します。

すべてリリーフとして17試合に登板し、19回1/3を投げ、自責点0!

1勝0敗5セーブ21奪三振の活躍で優勝に貢献しました。

1年以上のブランクがあった中でこの成績はすごいですね!

2020年2月に行われた韓国の高校との練習試合では8者連続三振を含む9奪三振を記録!

再びドラフト候補として注目を集めるようになっています。

戸田懐生のプレースタイル

戸田懐生投手身長170cm体重69kg小柄な本格派のピッチャーです。

ストレート最速148km/h。

変化球スライダー、カーブ、チェンジアップに加え、徳島に入ってからカットボールを習得しています。

戸田懐生のまとめ

昨年はブランクがあったためにリリーフとして登板していた戸田懐生投手ですが、今年からは先発に転向を予定しています。

先発で昨年と同じくらいの結果を残せば、ドラフトで指名される可能性はかなり高くなるのではないでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で、四国アイランドリーグはいまだ開幕できていません。

戸田懐生投手のためにも一日でも早い開幕を願いたいですね!